2015年8月17日月曜日

今が旬!イカメタルゲームにド初心者が挑む!Part.2 準備編・実釣編前編

とりあえず準備編です..

まず,軽く仕掛けを紹介します.

エダスを誘導化したような仕掛けや色々な仕掛けが考案されていると思いますが,一番シンプルやつでやりました.

PE本線→リーダー→トリプルサルカン→リーダー1m〜1.5m→スナップ・錘スッテ

トリプルサルカン→エダス5cm〜15cm→浮きスッテorスナップエギ

みたいな感じです.

これが錘スッテです.鉛でできていて,布でくるんであります.これを一番下につけます.
一般的な浮きスッテ.エダスから伸ばした先につけます.
普通のエギ.浮きスッテの代わりにつけます.浮きスッテより反応良かったかも!?!?



サルカンのノットは何でも良いと思います.
ちなみにリーダーは2号を使いました.
トリプルサルカンとスナップは一番小さい物がよいと個人的には思ってます!

次に,持っていった道具ですが,
・クーラーボックス+氷
・ジップロックみたいなやつ!
・錘スッテ(一つスッテ)56gと70g ※70gは未使用
・浮きスッテ
・エギ
・ロッドとリール
・スナップ,トリプルサルカン,リーダー
・食料と飲物(多め
・ハサミ

だいたい以上の物があればよいかなと.

ということで,以上を持って,夜出船です.
お世話になった船は夜出向して朝マズメを釣って帰るスタイルです.

昼出船して,夕まずめまで魚釣り,夜はイカ,夜の内に帰港という船や夕まずめ,朝マズメとも魚釣りをして夜はイカ釣りという船もあります.
夜出船してからの朝帰りだと仕事前に行けるかもしれませんよね!!!

船は小一時間走ってポイントへ到着です.

船長が他の船の距離をはかりつつ,ポイントを絞ってアンカリング.

アンカーが効いたら釣り開始です.

タイトルに「初心者」とあるように,本当にはじめてイカメタルをする私は勝手がよく分かっていません.

とりあえず.全層さぐりでやってみます.
イカメタルはプルプルプルとして1段しゃくり後,フォールでもあたりを待つというのが一般的?っぽいんですが,全層さぐるならティップラン式のほうが良いと思い.3段〜5段シャクリのあとステイ,軽く誘いからのシャクリ.というのを試して,3m〜5m起きに探っていきます.

っと・・・・水面から20mぐらいのレンジでヒット!!!!
これは・・・・イカです!!!

ド素人ですが,なんと船内ファーストキャッチでした.
たまたまです.

ビギナーズラックというやつでしょう.
 周りの方もポツポツ当たり始めますが・・・・イカの遊泳層が定まってない様子.
たしかにボトムであたってり,20mであたったり40mで当たったりですね.
その後,よくわからない釣りを色々してみます.
連れた方に泳層を聞いて落としてみたり,周りが静まり返っていたらまた全層釣ってみたり.

電動の7連スッテなどでやられている方にはあまりアタリがないようでした.
たぶん棚の誘いがあってないのと,あたりがあっても結構シブいアタリなので,拾えていないと思われます.

で,どれぐらいでしょうか?2時間ぐらい?3時間ぐらいつって,どうもアタリがシブいままなので,船長はアンカーを上げて引っ越しをしようということで引っ越しです.

ここまでで私,14杯ぐらい?しか釣れませんでした.船中では1〜2杯の人も居たかも?
イカメタルゲームでYoutube検索すると色々ヒットします.
基本的なやりかたは動画を見たほうがはやいかも?
ただ,棚が決まるまでのノウハウなどはあまり披露されていないように感じます.
その辺も私なりのノウハウ(間違いだらけ?)も後半にお届けできればと思います.



ということで,後半に続く.
http://kimamanitsuri.blogspot.jp/2015/08/part3.html


内容は実際のタックル,後半,朝マズメジギング!の予定です.

でわ.

---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿