2018年7月20日金曜日

SCW天気予報の「局地」マップはカヤックなどのスモールボートで役に立つ

どうもです.

以前の記事で,カヤックやオフショアをやる上で出航判断のために見ている気象サイト一覧を書きました.

釣り人のための気象サイト一覧

https://kimamanitsuri.blogspot.com/2018/01/blog-post_19.html

ここでは各サイトについて詳しくは述べていませんでしたが,この中のサイトの1つSCW気象予報について書きたいと思います.

SCWは運営自体はGPVと同じところなのですが,ちょっとした違いがあります.
SCWはGPVにはない,局地モデル(LFM)の表示が有料会員なら出来るという点です.

日本域モデルで,20kmメッシュになってます.
メソモデルでは5kmメッシュ.
局地モデルなら2kmメッシュになってます.

それぞれ, 264時間先,39時間先,9時間先まで予想されています.

遊漁船のような比較的大きな船の場合はメソモデルの予報で十分OKなんですが,カヤックの場合はもう少し細かい予報があったほうが良いときが多いと感じています.

カヤックにとって大きいうねりのような波長が長い波はたいしたことないですが,風で起こるような風波,それが潮と喧嘩した時に出来る波長の短いチョッピーな波は非常に釣りをしにくく,ときには危ないこともあります.
そういう波を予想するのに局地モデルはちょうどよい塩梅だと思ってます.

予報の困難さについての知識はあまりないのですが,ちょうどショアライン沿いの予想は海真っ只中とか,陸地とかの予想に比べて安定していないと感じていて,特に沿岸から1km〜2kmぐらい出たところでは詳細マップでは凪になっているが,現地ではちょっと風があるなぁなんてこともあります.

論より証拠?ということで,例を1つ提示します.


※小さいと思うで拡大してみて下さい.
左から,広域,詳細,局地になります.
同時刻に見ています.

広域では鹿児島近海はかなり凪っぽく見えますが,詳細になってくると,そうでもないというのが分かります.

しかし・・・・局地で見ると,結構風が強い場所があることが分かると思います.
カヤックなどでの出艇基準は人によって違うと思います.
スキルや乗ってる艇,海域・・・それについてどうこう言うつもりはないですが,キチンと状況把握をすることは重要なはずです.

実際,昔の詳細マップでも,あれー?思ったより風は吹いてるなぁと思ったことは何回もありました.あくまで平均風速なので,上ブレ下ブレはあるもんだなぁと思って,実際の天気図なんかとにらめっこして,変わりそうだとか,予報より強く吹きそうだとか色々予想を立てていました.

局地マップを利用するようになってから予報はほぼ当たるので(それでも外れるときは多少あります),私はかなり重宝しています.

とくにカヤックでは出艇前で向こう9時間ぐらいの予想が分かるので助かります.
予報を朝見て,昼見て,それで大体一日把握できます.

これだけ信じればイイってもんでもないですが,一つの判断材料としては,制度の高い予報だと思います.

何事にも絶対などはないので,少しでも事故るリスクをへらすために,SCWの局地マップ使われてみてはどうでしょうか?

でわ.




2018年7月18日水曜日

ジェイモ1馬力船外機のニューモデル? | SP-1 Plus | 1.2馬力

どうもです.
Youtubeで動画を見ていたら,こういう物を発見しました.

リトルボート販売さんの試乗会動画
http://www.little-boat.net/

1分21秒から再生されます.

 ジェイモ新型エンジン SP-1プラス 1.3馬力の文字.

赤いエンジンカバーのSP-1を装着して走る様子が映されています.
2人乗りと1人乗り.

人だけ載せた状態とはいえ,カートップボートでこのスピードはアリなんじゃないでしょうか?馬力アップに伴う重量増なども気になるところですが,見た目は2馬力4ストに比べると明らかに小型です.

これは発売されてら是非私も購入したい!
少しでもペラがデカくなるか,ピッチが深くなってればいいなぁと思うんですけどね.
今の3枚ペラでカヤックの場合だと,最高速域でも既に滑って力が伝達してない感じがします.

6月発売予定?と書かれていましたが,探してみても見つからない.

ということで,JMOに問い合わせました.
速攻で回答来ました.
http://www.jmo-co.jp/001_sp1.html

発売日は今夏!とのことでした.
この記事を書いている段階ではまだ発売されていないようです.

こちらがSP-1Plusの全体像.※掲載許可はもらってます.
※開発中の写真につき細部については変更があるかもしれません.



ほぼ見た目はSP-1と変わりません.
エンジンカバーが赤?になったことと,その他小変更があるようです.

ちなみに,重量増については若干で済むようです.
Lシャフト物で5.55kg.現行が5.3kgなので,250g増.これぐらいなら全然OKですね.
で,馬力ですが,1.3馬力ではなく,1.2馬力のようです.
現在のSP-1は1馬力と言われていますが,0.8馬力ぐらいらしく,実質馬力としては1.5倍ほどに上がっているようです.0.75kWは1.01馬力だと思うんですが,なにか算出方法が変わった?のかもしれません.
※馬力が上がってもペラなどがあってなければ劇的に早くなることは無いですが・・・.

SP-1の武器はなんといっても軽さ!
2馬力のエンジンは軽くても13kgとか重いと20kg近くありますからね・・・.
その点,ジェイモの5.5kgの驚愕の軽さです.

私はカヤックで使ってますが,乗っていながら.沖で取り外しが一応出来るぐらいです.

SP-1+について,その他いくつか仕様変更があるようで・・・.
スロットルが握り込み式になったとのこと,また,キルスイッチもグリップ部についているということです.
クラッチの受けも金属に変ったそうで,耐久性とメンテナンス性がUP.
燃料キャップに脱落防止

と,かゆい所に手が届くような仕様のようです.

ペラは現行SP-1のペラ変わらないようです.
現行でパワー不足だった艇にはよいかとおもいます.
潮の流れが緩いところなら十分に使えるエンジンだと思います.
あると無いは段違い.

このSP-1Plusの詳細や,ヘッド載せ替えなどの相談はジェイモのほうへ直接すれば,丁寧に対応してもらえると思います.

http://www.jmo-co.jp/mail_sjis/contact.html

速攻で買いたかったのですが,諸事情により購入を延期します.
今使ってるSP-1もだいぶ使ってますし(まだまだ現役で一発始動ですが・・・),そろそろ買い替えを考えても良いかもしれません.

でわ.


2018年7月16日月曜日

魚探の反応ばかりを見ていると見失うこともある

どうもです.

電化製品大好き45です.



今日は魚探の話を書こうかと思います.

といっても,たいした話ではないです.
ごくごくあたり前の話.

今回の記事は基本的には魚探を使っている人,よく見る人向けの記事となるので,少人数向けの記事かもしれません.主にカヤックフィッシングやそれに類する小型ボート,SUPなどでの釣り,またはプレジャーボート所有者向けです.

最近の魚探は非常に高性能になってきていて,コンシューマ向けロープライス帯の魚探でも昔の漁業専用機と同じぐらいのスペックを有しています.

最近の魚探は魚が見えすぎてるんじゃないかと思うところもありますが,そうであるが故に色々見失っている人も居るような気がしています.

バーチカルジギングではジグを振動子の真下に持ってくると,ジグの軌跡が映ります.
※よほど低出力でしょぼい魚探を使っていない限り.
別にGARMINの魚探でなくても映ります.ロランスを使ってたときも写ってましたし,遊漁船に乗って魚探を見てるときもKODENでもHONDEXでもFURUNOでもジグの軌跡は見えます.

バーチカルジギングで,ジグの軌跡と魚探の反応とをにらめっこしてジャークやジグの種類を修正,フィッティングしてヒットに結びつけるというような釣り方はかなり昔からごく一般的にやられてきていたと思います.
少なくとも,私はカヤックを購入してからすぐにそういう釣りをやっていました.
自分で魚探を使う人は少なからずそうやって釣りをしている人は多いです.

なので,特別新しいものでもないのですが,どうも自分の中の世界にとって新しいものが世の中的にも新しいものと勘違いしている人がいらっしゃるようで,そういう人はマウントを取りたがるなぁとココ1年ぐらい思っているところです.

バーチカルジギングにおいて,魚探の反応を見ながら釣ることは常識であって,なんらマニアックな釣りではありません.

数々の先達が同様の釣りをされてきました.乗り物が変わったり魚探が変わったぐらいでそれを新しい釣りだと定義するのはいささか幼稚が過ぎるように思います.

先達へのリスペクトは大事だと思います.歴史を知らないのなら勉強スべきだと思います.

誰しもが自分がやっていること,やってきたこと,先達がやってきたことを最近始めたばかりのペーペーが,あたかも俺が考えました!みたいな感じで情報発信していたらちょっと「アレ?」って思うでしょう?


さて,魚探の反応は見てると面白いです.
面白いですが,見失うものもあると思ってます.

1.ラインを通して水中を想像する力

これを言うと一部の方からはいやそんなことは絶対に出来ない.と言われたりしますが,実際ジギングをしていると,魚がジグに寄ったとか離れたとかそういう感覚があります.
ヒット直前の違和感とか,引き抵抗の微妙な変化,水流変化,縦方向の潮の変化.潮の変化は基本,魚探には映らないですからね.
そういうものを感じて状況にフィットしていくのもジギングの面白さだと思います.
魚探で見て魚が追ってきたとか追ってこなかったとかそういう情報よりはるかに多くの情報量をラインを通して感じることが出来ます.
魚探で魚が反応したとか反応しなかったとかは,あくまで自分の感覚で追ってきていたと思っていたことの確認程度にしか私は使いません.魚探を見なくても,今追ってきたのか,追ってこなかったのか,分かることはよくあります.
魚探の情報に頼りすぎないのも,釣りのテクニックを磨く上では大事なのでは?と思います.

2.魚探の情報は所詮離散化された情報である

魚探の情報は連続性がありません.一瞬一瞬あるいはあるタイムスパンの離散化された情報です.
実際の時間は連続的に流れています.連続的に流れている時間の中での変化にこそ注力すべきときもあります.意味がわからなかったらすみません.

3. 魚探の情報は過去情報である

1とかぶる部分はありますが,魚探に映し出されて視覚で捉え,脳が処理して考える.というプロセスよりも,私はリアルタイムの今から考えて処理するほうが良いと思ってます.それは1にもかいた水圧変化などを感じとって考えるという話です.

4.魚探に映らない魚もいる

Garminを使ってて,魚探に映らない魚も結構いると思ってます.
特にボトム付近の魚は,魚1個体として映る場合は稀です.
アカムツなんかも・・・単体として映ったことは今のところないです.
魚探に映らない魚も居ますから,反応ばかりにとらわれてると,本質を見失うこともあるかもしれませんね.



総じて・・・魚探の反応は大事です.面白いです.
が,個人的には何故そのような反応になるのか?,何故そこに魚が居るのか?を考えることが重要だと思いますし,ラインを通して感じる感覚を研ぎ澄ませていくほうが釣りとしては面白いし,磨くべきスキルのように思います.

釣れるときは適当にやってても釣れます.

「安易に」,釣れたという結果に対する根拠が,自分のジャークが良かったとかジグが良かったとか今,状況にフィットでした!とか,そういうものであると結論付けるための道具に魚探がなってほしくないなと思います.

これは遊漁船でのジギングでもそうですが,バーチカルジギングに拘ってるうちは,素人だと思います.

もっと広い視野で,もっと柔軟な発想で,もっと自由に,ジギングを愉しめばまた違った答えも見えてくるのではないでしょうか?

でわ.


2018年7月13日金曜日

足漕ぎカヤック | 取扱い増えてね?と思って調べてみた

どうもです.

カヤックフィッシングを初めたのが2014年の10月.
ということで,私のカヤックフィッシング歴は3年9ヶ月ほどでしょうか?

カヤックを買うまではあれやこれやと色々調べ物をする毎日で,自分のカヤックを買ってからも,微妙に不満点があり,カヤック乗り換えを検討する毎日・・・・.

しかし・・・2015年11月・・・ジェイモSP-1の3枚ペラとの出会いにより,不満は一切解消され,それ以降,カヤックフィッシングというか「小型ボートフィッシング」として何1つ不満のないカヤックフィッシング生活を営んできました.
現状に満足しているせいで,すっかり調べるということをせず,噂に聞く程度ににしかカヤックに関する情報を仕入れなくなってしまっていました.

私のカヤックフィッシングは最近はほぼ100%ジギングオンリー.プラグはもちろんのこと,鯛ラバ,インチクすら持っていきません(笑.やっぱりジギングは楽しい!簡単に釣れないですけどね.

カヤックジギングのスタイルとしては色々やっていて,片手パドリングでバーチカルもやりますし,ドテラもやりますし,シーアンカーもやります.
最近めんどくさくてシーアンカーはやってませんが・・・・.

カヤックのジギングを極めるにあたり,もう少しシビアに流せる艇がいいんじゃ?
と思うようになったことがきっかけで,最近の足漕ぎカヤック事情を調べてみました.

すると・・・四年前より明らかに取扱が増えた?と感じたので,いくつかしらべた艇を紹介してみたいと思います.

ホビーカヤック ミラージュ コンパス

ホビー12フィートの新モデルが出てました.
https://www.hobie.com/kayaks/mirage-compass/
Mirage Compass Fishing Kayaks

(出典:https://www.hobie.com/kayaks/mirage-compass/)

軽自動車にも申請無しで積めるギリギリサイズ.3.66m.横幅もかなり広く安定しそうですね.
最近ホビーはミラージュドライブ180というバックも出来るミラージュドライブを発表していましたが,このコンパスに標準でついてくるのは前にしか進めないGTモデル.それによりプライスも他のモデルよりだいぶ抑えられています.
もちろん180と換装することは出来ます.
国内価格:273000円(税抜き)



Youtubeではそこそこチョッピーな界面でバショウカジキを釣ってました(笑.
かなり安定していますね−.


ラゲッジスペースに立って漕ぐことが出来るレベルの安定性はなかなかのものだと思います.

私のカヤック選びの基準はやはり第一は釣りをすることですから,安定性はあるに越したことはないなぁと思っています.


パーセプション ペスカドール パイロット

https://www.perceptionkayaks.com/us/kayaks/pescador-pilot-120


(出典:https://www.perceptionkayaks.com/us/kayaks/pescador-pilot-120)
12.5フィートのペスカドールパイロット12.軽自動車には申請しないと積めません.
381cmあります.モンベルが取り扱っているので,有名かもしれません?
ホビーのミラージュドライブに対してこちらはペダルでプロペラを回転させるタイプになってます.自転車のように漕ぎます.
幅もあって安定してそうですね.
235,000円(税抜き)です.
結構人気なのか,入荷待ちになってることが多いようです.
鹿児島では店頭にありましたが・・・.


ネイティブウォータークラフト スレイヤープロペル

https://nativewatercraft.com/
10フィートタイプと13フィートタイプがあります.
国内価格は10フィートが323,000円(税別),13フィートが348,000円(税別)です.

ネイティブウォータークラフトにはマンタレイというシリーズのカヤックもありますが,そちらにもプロペラ式のモデルもあるようです.

軽自動車に申請無しで積めるのは10だけ.
10を見るとやっぱり短いよなぁと思っちゃいますね.
もしもの時のトラブルでは手漕ぎで帰らないといけないので,そのことを考えると・・・・.って感じがします.

スキマー120プロペル,スレイヤープロペル12LT

片方はハリケーンカヤックス,片方はネイティブウォータークラフトですが,船体,プロペラドライブ,シートは同一で,艤装がちょっと違うって感じです.ロッドホルダーなどの艤装が予め施されているのがスレイヤーのほう.
ABS樹脂の足漕ぎカヤック.
軽いです.366cmで,幅は79cmちょうどいいサイズですね.
国内価格はスレイヤープロペルが36,800円(税別),スキーマー120プロペルが362,664(税別)と大差はありません.
結構人気のようで,売り切れ中のようです.
Slayer Propel 12 Lt fishing Kayak

(出典:https://nativewatercraft.com/product/slayer-propel-12-lt/)


Riot Kayaks マコ 12 マコ10

最近,モンベルが取扱を開始したMaco.
http://www.riotkayaks.com/

HPにはまだ紹介がないようですが,海外でも売ってます.

めちゃくちゃ安い・・・.
国内価格,12.5フィートのモデルが,165,000円(税抜き),10.4フィートのモデルが151,000円(税抜き).

本家は800ドルと700ドルですからね・・・・.
安すぎて怖いレベルです.

モンベルの販売ページはこちら
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1842522


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

他にもいくつか気になるモデルなどありましたが,パット見た感じ,4年前は買えなかったモデルが日本にも入ってきたな&新しいモデルが発売されてるな−と思った次第です.

足漕ぎカヤックの走破性はすごいと思いますし,「釣りをするための道具」と考えると,手漕ぎより優れた点がいくつもあります.

ただ,壊れた時に手漕ぎになることを想定すれば,できるだけ手漕ぎでも走破性の良いモデルが良いように思います.と短いカヤック乗ってて思います.

色々なカヤックがあるということは知っておいても損ではないと思います.

でわ.





2018年7月11日水曜日

船 | 落とし込み釣り | 釣り方 | 泳がせ的な | 初体験 | 青物 | ヒラメ 

どうもです.

前回の釣行記で,落とし込み釣りにチャレンジしてみた.
と書きましたが,これについて,ちょっと書いてみたいと思います.
ジギングがメインですが,新しい釣りは率先して経験してみるのも色々フィードバックがあって面白いと思います.メインが移ることは多分無いと思いますが・・・.

落とし込み釣りにチャレンジさせてもらったのは熊本,水俣の第八恵比須丸.
※ジギングがメインの釣行で,その合間にやらせてもらいました.近海なら落とし込みメインでの出船もあるようです.
http://www.8th-ebisu.com/top.html

落とし込み釣りとは?

 一般にはチヌの落とし込み釣りといういわゆる完全フカセのヘチ釣りがありますが,そっちではありません.

玄界灘で盛んな船からの落とし込み釣りのほうです.
喰わせサビキとも言うようです.

サビキ仕掛けでエサとなるイワシやアジ,サバなどを釣り,そのまま海底に落とし込んで,そのイワシやアジ,サバを捕食しているフィッシュイーターを狙う.というものです.

落とし込み釣りのターゲットは?

 一般的にこの釣りのターゲットとされるのは,ヒラマサ,ブリ,カンパチ,サワラなどの青物にマダイ,ヒラメといった感じです.その他,フィッシュイーターなら何でも食いついてくるので,狙う魚種は無限大とも言えます.

実際にやってみた

熊本の第八恵比須丸で,ヒラメを狙っていたときのこと.
船長が,落とし込みやってみますか?とのことで,仲間が何人か落とし込みをはじめました.

これが不思議で,ジグにはほとんど当たってこないんですが,落とし込みは毎回アタリが出てるんですよね.なかなか不思議でした.
もちろん,ジグにもちょこちょこアタリはあるんですが・・・・アタリの多さがエサは段違い!

ジグには全然当たってこない時間帯でも・・・

ヒラメ,ヨコスジフエダイ,ネリゴなどが釣れてました.

私もちょっとチャレンジさせてもらって,ヨコスジフエダイ
※これは年間釣果には入れていません.

ほかはアタリはあるけど乗らずって感じでした.

ジグと落とし込みの釣果比は10:1ぐらいでしょうか?

ベイトは小イワシ,小アジ,小サバなどでした.
ベイトチェックも出来るので,これはこれで面白いですね!

魚探の反応とベイトの種類がわかるようになれば,またジグでもアプローチの仕方を考えれるような気がします.

しかし,これは船長の操船もキモですね.
あと数メートル外れたら根掛かりしてしまうような漁礁のキワキワを船長はいい感じに流してるのが分かりました.
そんなに良い海況ではなかったとは思いますが,これは船長の腕ですね.

船長が,「手段を選ばなければ魚を釣る方法はあるんですよ」と言ったのが印象的でした.

ジギングはやはり,なかなか魚を掛けるのが難しい釣りだなぁと思います.
爆発力があるときはあるんですが,そうでないときもしばしば...そういう時に魚をジギングでどうやって釣るか?答えはまだまだ見えません.
が,ジギングで釣れない時間帯でも釣れるという他の釣法に学ぶことはたくさんあるなと思いました.

まずはカヤックでやってみるかなぁ(笑.

でわ.