2021年9月24日金曜日

アキュレートリール,2スピード部品に不具合ありリコールか?

どうもです.

小ネタ更新します.

私が愛用しているアキュレートリールの話題です.

最近アメリカのショップの在庫状況をチェックしていたのですが,

どこのショップも2スピードが軒並みバックオーダーになっていました.

こんなことはそうあることではないので,どうかしたのかなと懇意のショップに問い合わせたところ,詳しくは教えてくれなかったのですが,2スピード部品に不具合があって,全部回収になったよと教えてくれました.

どうやら7月下旬?ぐらいに発覚してそれから回収になったようです.

ここ最近に製造されたアキュレートリールの2スピードをお使いの方は何か不具合がないか要注意していたほうが良いかもしれません.

という小ネタでした.


最近全然更新していませんが,生きてます.


時間ができたりしたらぼちぼち更新していきます.


でわ.




2021年8月23日月曜日

鹿児島 桃太郎で離島ジギング 約2年ぶりのカンパチに会う

 どうもです.

今回は桃太郎さんでジギング行ってきました.
第三朝飛丸に続いて,カンパチジギング復帰の第二回戦です.
グランドライン号でのジギングも挟んでいるのでジギングの感覚はだいぶ戻っています.

時期が時期なので,ちょっと浅めの水深が多かったです.
浅めの水深だといわゆるハイピッチと飛ばれるジャカジャカ系強いですよね.
(本来のハイピッチジャークではない釣りのことを現代ではハイピッチと呼ぶことが多い気がします_まぁ名前とかどうでもいいんですけれど細かい人も居るので.)
とにかく速い動きで誘うほうが魚もスレにくいですし,スイッチも入れやすいと個人的には思います.

が,朝一は魚からの反応薄し!!!

私はハイピッチ系の誘いでヒットしますが・・・バラシ!
カンパチをバラすなんてまじで滅多に無いんですが,これがブランクの怖さです.
針ハズレ.
魚をバラすと次の流しからあんまり食わなくなったりするので,船中の皆さんにも申し訳ない感じでした.
食いが渋い=浅くかかる→バレル→さらに食い渋り・・・このパターンはよくあります.
いろんな工夫をしてバラさないとか見切られないとか考えたほうが良いです.

それから・・・・
大きく移動なんかしてもらって1流し目.
フォール中に大きいスマ!(4kgぐらいありました)

その後は?スマとハガツオが多くちょっと邪魔されながらも・・・.

カンパチヒット!
久しぶりにカンパチの引きを味わいました.
7kgぐらいの本カンパチ.ちょっと痩せてました.


放卵後?なのか?それともこれから抱卵なのか.さばいた感じも卵巣小さかったです.
とりあえず,2年経つ前にカンパチ坊主は脱出しました(笑.



食いがワッと立つ感じはなく,ポツポツ船中当たってました.

さらにさらに大きく移動して,久しぶりにカンパチヒット!
ヒレナガ?でした.




ちょっとだけ船中ラッシュになり.
またまたスマ,ハガツオに邪魔されながらも・・・・

カンパチを2本追加.

そういえば,鹿児島で全然スロー系のジグが売れなくなってカンパチジギンガーの釣りがハイピッチ系へシフトしているなーと感じました.
スロー系の釣りはちゃんと理解するのが難しいですし,カンパチはガンガンシャクったほうがスレにくくて数は伸びると思うので,必然の結果かなとも思います.
これもまた地域性しょうか.
私は他の人に迷惑がかからない限りは自分のジギングをやっていきたいなーと思っています.
そう,やっぱり自分の釣りで釣るっていうのが楽しいです.

浅場でのジギングはまた新鮮で色々考えることが多かったです.
今回は持ち込んだタックルのうち1つだけ使いましたが,今後また新しいことをやって色々チャレンジしていきたいです.

船中一番カンパチを当てていた方のシャクリも非常に勉強になりました.
船中みんなが同じ釣ばっかりやってると色々見えてこないものもあるので,久しぶりに色んな人の釣りが見れてまたこれも楽しかったです.

色々成長のヒントがありました.

船長の読みと流しのセンスも流石でした.

また行きたいです!
次は秋かなぁ.

釣果:カンパチ×2,ヒレナガカンパチ×2,ハガツオ×2,スマ×4,ゴマサバ×1

某所で釣果写真.





2021年8月9日月曜日

かわたろう丸でボートヒラスズキ指南をいただきました

 どうもです.

前回マダイジギングでお世話になったかわたろー丸.
また誘ってもらいました!

今回はライトジギングをメインにボートヒラをちょっとやろうか?って話だったんですが,
結局ボートヒラをメインで教えてもらいました.

このブログを始めたときにはもう殆ど磯歩きをしなくなっていたんですが,昔は磯からヒラスズキやってたんですよ.
あんまり釣りきれない下手くそでしたけれど.

私がオフショアをやるようになって1つ決めていたことが,ショアラインの魚を釣らない.

ということです.
これは過去にも同じようなことを書いていたと思います.

ショアラインは魚が集まりやすいところはとことん集まりやすく,釣り人口も多いです.
色々なバランスが難しく,ショアラインの魚はショアからやる人に釣ってもらいたい.
そういう思いが強く,カヤックからにしても遊漁にしてもマイボートにしてもショアラインから届く距離で釣りをすることはほとんどありませんでした.

それをこの度解禁することになりました.

解禁したからにはマイボートでもカヤックでも多少ショアラインの魚狙っていこうと思います.
これは自分の引き出しを広げるためにって感じです.ショアラインに先に人が入ってた場合は流石に別ポイントを打ちます.

前置きはさておき・・・.
ヒラスズキ.面白いターゲットです.

事前にスジアラも出るかもしれないので,スジアラも獲れるタックルでと言われたので,手持ちのタックルを見渡して・・・
ダイコーのボートシーバスロッドにシマノのトランクス401.PEライン3号,リーダー8号をチョイス(笑.
アンバランスすぎでしょ(笑.

まぁ,本当はこの日あんまりボートヒラはやらないって話だったんでこんな感じの舐めた(実際舐めてないですけど)タックルです.
最初のうちはまともにキャストすら決まりませんでしたが,1日やってて決められるようになってきました.
ベイトキャスティング面白いですよね(笑.スピニングよりアキュラシー出しやすいと自分は思いますし,ボートヒラ向きだと思います.このリールはボートヒラ向きではありませんが(笑.

最初はお手本を見せてもらって.

うんうん.なるほど.そういう感じね.
ってことでやってみます.

あっさりヒット!からの取り込み.
小型ながら嬉しいヒラスズキ(7年ぶり?8年ぶり?ぐらい).

その後はかかるけれどバレ多し.この辺は食わせる間や色々なタックルバランスの問題だと思ってます.色々詰めればバラシは減らせるはずです.かわせないバラシもあると思うので,バラすことに執拗に囚われないのも大事です.

 

かわたろうさんは流石の慣れでバラシも少ないし,魚もめっちゃ出してました!!

結局私が3本,かわたろうさん9本の12本.トリプルスコア(笑.

ちょっといいサイズも釣れました.


ヒラ復活初心者ですから,これぐらい釣れれば私は満足です.にしてもバラしが多かったなーと.
私は5本か6本バラしました.ヒラスズキなんである程度のバラシは仕方ないんですが,バラしすぎです.
こっちもまた色々勉強していきたいところでした.

ちょっとだけジギングもやって,私はイサキ×2釣りました.

あとキャスティングでカマス.ゴン太でした.

カヤックヒラスズキをやる日も近いです・・・・ってもう時期はずれてる気がします.
秋からかなー(笑.

釣果:ヒラスズキ×3,カマス×1,イサキ×3


P.S.ヒラスズキをジギングで釣る.なんてことも考えている私です.狙っては難しいだろうなあ.





2021年7月28日水曜日

枕崎グランドライン号でトカラへ(イソマグロ30kg)キハダキャスティングも

 どうもです.

釣友のFさんに誘ってもらって枕崎のグランドライン栄真丸でトカラへ釣りに行ってきました.

グランドラインは栄真丸の初代船長平田さんが新しく始められた遊漁船です.

https://stingrayfishing.jp/grandline/

メインは泳がせ(ハタ・カンパチ・キハダ)とキャスティングGT,あと瀬渡し,ダイビングなんかの船だと思います.

やっぱり枕崎からトカラに行ってくれる船があるっていうのは嬉しいです.


かなり幅広の船体で時化につよい船です.

ここまで安定感のある船は初めて乗りました.


今回は泳がせのキハダをメインにされるということでした.

私はキャスティングとジギングでキハダやらGTやらを狙うことに.泳がせは今回は1回もやりませんでした.


一泊二日の釣りでしたが,ずっと雨だったので全体を通して全然写真がありません(笑.


泳がせなんかも見てると色々勉強になります.

最初はムロ釣りをやって,泳がせ開始.


キハダの泳がせはバーチカルではなく,横に流しているので,その間ジギングします.

キハダ狙いのジギングというより最初はなんか釣れないかな程度のジギング.


早速魚が’当たってきましたが,船べりでバラシ!

この辺も昔ならこんなことなかったのになーと.腕が落ちているのを感じました.

ドラグ緩めるのもしなかったし,やり取りも雑でした.

ただ・・・帰ってきたジグを見ると!?

牙傷が・・・イソンボかワフーかそれ系だと思います.アシストも1本切れてました.


今回はこんな感じで浅いところでは牙物がよくアタリました!が・・・アシスト切られたり,リーダー切られたりして全然上がらないんですよね.

トカラの浅場って自分はこんなイメージです.

どでかい魚ジグに食ってくるんですが,ことごとく刃物・・・・みたいいな.


ジギングで最初に釣り上げたのはギンガメアジ!(4kgぐらい)

浅かったしスレだったしよく引きました.これぐらいの魚でウォーミングアップしていきたいところです.

浅場を久しぶりにやるとまた全然世界が違いますね.



キハダの泳がせ中はジギングやったりキャスティングやったりしました.

カツオが大量に群れてて・・・ジギングやるとカツオ・・・あとキハダと呼べないぐらいのシビ!

キャスティングでも24cmのプラグ投げているのにカツオ!

みたいな感じでした.


キハダのボイルが射程に入ったときにトップで1本.

10kg弱ぐらいのキハダを釣りました(写真なし.

うん・・・これぐらいの大きさだとGTキャスティングロッドでやってるので,瞬殺ですね.

大きいキハダをキャスティングで釣りたくもなりました.


GTのキャスティングも何回かさせてもらいましたが,釣行を通して出ず!

うーん,GTキャスティングまで真面目にやりだしたらたぶん体もお金も足りないです.

GTは釣れませんでしたが,ギンガメを釣りました.


他ジギングではオジロバラハタなんかも釣れました.


泳がせのキハダのほうは好調で,ほぼ毎流し誰か魚をかけていたように思います.さすが泳がせ.

途中サメヒット?が2回ほど?ありました.


ということで初日は終了.

初日はキャスティングでキハダ小が釣れたので満足でした.

ジギングでも色々試しましたが,どうしてもシビがあたるんですよね先に.

これはこれで奥が深いです.

早めに島に入って船中泊です.

ビッグディッパーもはや上がり?してました.


これはこれでえげつない船・・・.


雨がひどいのでみんな船に籠もってました(笑.

ただ,グランドライン号は1人1人横になれるパーソナルスペースがあるので,快適でした.

夜は色々な昔話を聞かせてもらって面白かったです.

やはり昔っから釣りをしている方は色々ご経験されています.

こういう話を聞くのも1泊2日の楽しみです.


2日目もキハダ.

ムロ釣って,キハダやる感じです.

私はキャスティング,ジギング両方とも色々試しましたが,結局カツオとシビでした!


ちょっと移動して数流しぐらいカンパチやりましたが,私がジギングで食わせたのはツムブリにアオチビキ・・・.

こういうのが先に食ってきてしまうのか,こういう魚が好きなアクションをやっていたのか.

色々また考えさせられます.


50m未満の超浅場での泳がせ中にとなりでジギング.

ヒット!後・・・すんなりあと15mのところまで来ましたが,そこからいきなり引き出したので,あーサメに変わったかなーとおもってファイト.

なんかサメっぽくないような?けれどあんまり時間かけすぎてもみんなに悪いので,ちょっとドラグ締めて強めのファイトをやるとほとんど走らなくなりました.

結果,イソマグロ30kgでした.

リアフックが口にかかっていて,ちょうど反転したときにフロントフックが横にかかり,横引き状態になったため,頭がこちらを向きにくくなり,ちょっと走られてしまったようです.そのせいもあり,引っ張ってくるときもちょっと重かったです.


イソマグロはかけるのは何回もかかってると思いますが,ことごとくアシストやリーダーを切られていました.少しまともなサイズを釣ったのはこれが初めてで嬉しかったです.

底に行かない魚はわりと簡単に上がりますね.

イソマグロはもっとでっかいのもウヨウヨ居ると思うので,いつかもっとでっかいやつも釣ってみたいです.


ちょっと時化てきたので大きく移動.

大きく移動後はGTをずっとキャスティングでやってみましたが,出ず!でした.


少し余裕を持って帰港となりました.


カンパチジギングではなかったですが,別の釣りも色々やってみたり見てみたりして勉強になりました.

キハダはジギングで大きいやつをいつか釣ってみたいですね.


今回はトカラにしては珍しいぐらいの潮なしでした.特に臥蛇島周り.

ポーターの人も今年来た中では一番流れてない日ですね〜とおっしゃっていました.

とはいえ,潮関係なく魚が釣れるようになりたいものです.


トカラは島まわりででかいハタ(メインはコクハンアラ)も居るようなので,そういう大型浅場のハタをメインに狙うようなジギング釣行も面白いんでは!?など色々とやりたいことが増えました.


2日間めいいっぱい釣りして,感覚もだいぶ戻りましたし,そこそこのイソマグロが釣れて嬉しかったです.

P.S.

この時期のイソマグロはめちゃ美味いらしい!と聞いて持って帰りましたが・・・・・.

イソマグロはイソマグロでした・・・・味が薄く,ちょっとエグみがある感じです.

我が家でシーチキンになり,なんとか消費しました(笑.

私,魚は食べるのも好きですが,結構敏感なのです.


でわ.


釣果(覚えてる限りなので怪しいです)

イソマグロ(30kg)×1,ギンガメアジ×2,オジロバラハタ×1,キハダ(10kg弱)×1,キメジ×数本,カツオ×数本,ツムブリ,アオチビキ





2021年7月21日水曜日

PEジガーULTのハズレロットの正体判明?・・・異物混入 使用者は要注意!

どうもです.

本件は友人OMさんとその周りの方々からのタレコミです.
正直公開するか迷いましたが,公開します.
私のブログがどれだけ影響力あるか分かりませんが,これを機にメーカー製品の品質が向上することを願います.

私がジギングにおいてメインで使用しているPEライン

PEジガーULT

1200mのボビンを買って使っています.

縦の潮切れの良さと低伸度性が抜群で,深場でのジギングには自分は欠かせないラインとなっています.
 

前のインプレにも書いた(ハズレロット)があるという話.
私の場合,ハズレロットはなぜか結束強度が出にくいロットがあるという意味で書いていたのですが,
今回はその話ではないです.

これはOさんの話ですが,どうも糸巻きする際に400m〜500mぐらいに1回ぐらいの間隔でコブのような違和感があるとのことでした.だいたい,タオルなんかでつまみながらラインを巻いているとガスッっと引っかかるようです.指で軽く押さえて巻いていても引っかかりが分かるそうです.

で,実際,コブのような違和感のあったラインを使用して深海ジギングに望んだところ・・・一発でシャクリ高切れしたらしいのです.

はい.
 

メーカーに送って検査してもらったところ,製紐時に繊維くずを巻き込んだものであることが判明し,染色工程で染色樹脂が固まって手に当たるぐらいのダマになったものではないか?との回答のようです.

しかし,JIS規格の引張試験ではダマ部において多少の引張強力低下はみられるものの,基準値は下回っていないとの結論でした.

メーカーはそう言っているのですが,信じるか信じないかはおまかせします.

つまりメーカーとしてはダマあっても少し強度落ちるぐらいだから問題なし!ってことです.

メーカーからの返答書のコピー等ももらっていますが,さすがにココに載せるのは色々問題がありそうなので,載せません.

一応証拠?としてOMさん自らが撮影されたダマの拡大写真が以下のとおりです.

※新品ラインです.


この写真を見ると,少し繊維が裂けているようにも見えます.
少しでも裂けるとPEライン極端に強度おちますからね・・・.

で,これ(ダマがあるロット)がかなりの頻度で発生するということをOMさん以外の人からも聞きました.1200mの中にヒドイときは4個〜5個ほどのダマがあるとの情報もあります.

ちなみに,私は自分で何回も糸巻きしていますが,未だにダマと出会ったことがないです.
私の持っているPEジガーULTは初期のロットを買いだめしたものを未だに使っているため,ロットによってはそういう現象が頻発しているのかもしれません.

少なくとも私は10個以上は1200m巻を消費しています・・・・.

もし,このダマについて何か情報,知見をお持ちの方がいらっしゃれば,ぜひコメントで教えてもらいたく思います.

何卒宜しくお願いします.

で,やっぱPEラインは自分で巻いたほうがいいなと思いました.
もし,ダマになっているところがあれば,一回切って,リーダー入れてPRノットで接続してた置いたほうが良いんじゃないかなと思います.

未然に防げるものは未然に防いでおきましょう.

ま,こういう情報を見て買わないという選択肢もアリと思います.
けれど他に代え難い特殊なラインなので,使いたい人はこれを使うしかないのかなと思ったりします.

PEジガーULTに限らず,おそらく不良品ってあるんだと思います.

ラインがスパッと高切れしたなんて話はザラに聞きます.

PEジガーULTに限らず,色々なメーカーの品質向上,ハズレロットが減って,いざ大物がかかったときに,安心してやりとりできるPEラインが増えることを願います.

歯切れ悪いですけれど,でわまた!