2018年11月12日月曜日

続々・妻+友達でマイボートフィッシング:ガイド釣行

どうもです.

今日はマイボートフィッシング(ガイドメイン)の釣行記更新します.

10月下旬の釣行記になります.

この日は妻と結婚式のときのプランナーさん2人のガイド釣行でした.

ちょうど水温が下がりはじめ,夏パターンからの変わりめのような感じでまだ魚の居場所が探れていないので,個人的には不安を抱えた釣行でした.

この前の釣行ではフグの猛攻もありましたし・・・.
フグっぽい反応は避けて釣行します.

夜明けすぎの7時頃出港,午前中勝負.

最初のポイントはベイトの反応なく,移動.
できれば真鯛を釣りたいのですが,どの水深に居るか,真鯛の経験がなさすぎてよく分かりません.

やっぱりよく釣ってる魚,よく行ってる海域以外のことはよくわからないことが多いです.

さらに移動しますが,ベイトの反応皆無.
ベイトどころか単体の反応も無いので,鯛ラバを落とすことすら躊躇されます.

さらにさらに移動.
ようやく,まとまった魚の反応.
鯛もいそうだけどベイトについてるのは青物っぽい.

魚がアタリませんが,細かく筋をかえて流し返します.
と,ここでアタリ?
プランナーさんにベイトが釣れたようです.
カタボシイワシ小.
今からの時期,ショアからのブリのベイトとして人気があります(笑.

私も何度かジグを落とします.
ゴゴッとバイトが有りましたが,乗らず.
ジグを見てみると,アシストが噛み切られ,リーダーがざらついてました.
サワラかなぁ?と.

流していると,プランナーさんにアタリ.
青物っぽい.

人の竿の曲がりを視るのも面白いですね.

無事に上がって,ネリゴでした.
釣り殆どやったこと無い人ならネリゴでもかなり手応えありそうですね.

反応なくなり・・・.
移動.

移動先で何度か小さいあたりがあるも乗らず.

次に竿が曲がったのは妻.これはイトヨリでした.
キレイなイトヨリ.


それから無の時間が続き・・・・・.
新規ポイントも開拓してみたりしましたが?どうも微妙.

そうこうしていると,だいぶ時間がない.
ということで,ラストポイントへ.

ラストポイントはベイトの反応は薄いので,ハタ狙い.

1流しして,思いのほか流れていたので,修正して,ラストもう1流し.

良いポイントに入った!と思ったとき,2人の竿が曲がります.

両方共,良型のオオモンハタでした!

大きい方はプロポーションもよく,50cmジャストぐらいありました〜.
小さい方も45cmぐらい.十分良型です.


という感じで,短い時間でしたが,なんとか魚釣ってもらって,良かったなと思います.
なかなかガイドも難しいです.

釣果:オオモンハタ×2,イトヨリ,ネリゴ




2018年11月9日金曜日

捨てるの勿体無い!美味いジギングの外道魚TOP5

どうもです.

外道.

外道とは内道の対義語・・・
本来は仏教用語です.

日曜用語では人の道を外れた人徳の無い人のことを指す言葉だったりしますが・・・.

釣り業界の用語としての「外道」は狙っている魚が意外の魚を指します.

例えば,カンパチ狙いで釣りに行けば,カンパチ以外は外道.ハタ狙いで釣りに行けばハタ以外は外道.真鯛狙いで釣りに行けば真鯛以外は外道.

外道にも嬉しい外道,そうではない外道が存在するので,外道=ダメというわけではないです.

ここでは,自分的にみんなが嫌っている?
いわゆる,嬉しくない外道.について,食べてみたら本当は美味しいのに?
と思う魚を5種類紹介したいと思います.

せっかく釣れたのによく捨てられてるのを見る魚たち・・・ともいいかえることが出来るかもしれません.とりあえずメジャーどころを本日はご紹介します.
マイナーなところ行ってもなかなか釣れないですからね(笑.

魚でも1つの命ですから・・・.個人的には釣った責任ではないですが,なんかそういうことはよく考えさせられます.

自分なりの考えがあればそれでOKなんだと思いますが,何も考えずに生きる可能性の無い魚をリリースしたりするのはどうかなぁと個人的には思います.それなら美味しく食べた方がせめてもの供養かと.

では紹介していきます.

アカヤガラ

これは好きな人は好きで喜んで持って帰る魚ですが・・・.
結構捨てる人が多い・・・.
優しい味の良い魚です,癖もなく.
個人的には揚げ物にするのが好きな魚になります.


キツネダイ


ちょっとまえの記事でも釣れたと消化したキツネダイ.
大型個体は非常に美味しい個体が多いです.
タンパクではありますが,優しい甘みのある魚です.煮て良し,焼いてよし,生で良し.
ちょっと見た目がグロテスクですが,身の色は本当に白くてきれいです.
血合いの色も悪くないですね.
魚好きなら一度は食べてみてほしいです.

アカタマガシラ

※すみません,釣ったことあるんですが,写真が見当たりませんでした.

鹿児島の南方で釣れる魚.
三島海域ぐらいから居ます.
結構深いところにも生息していて,カンパチやマハタのベイトになったりもします.
非常に味の良い魚.
屋久島では「チレダイ」と呼ばれていて,これを専門に釣りに行くこともあるぐらいです.
※近縁種のタマガシラも居ます.タマガシラは開聞沖などアカタマガシラよりも本土にちかいところでも釣れます.

個人的には一夜干しか焼き物で食うのが好きな魚です.

生も悪くないですね.

ナガタチカマス


少し深いところのカンパチ,マハタの外道.ナガタチカマス.
クロタチと言われることも多いですが,正式にはナガタチ.
クロタチカマスはもっと細くて長いです.

見た目が怖いことと,皮から伸びる骨のせいで倦厭されがちですが,美味しい魚です.
がっつり身に味がある系の魚です.味は青物系だとおもいます.
鹿児島で釣れる魚の中ではガッツリ脂を持ってる魚だとおもいます.

比較的なんの料理でも合います.


オオクチハマダイ


ハマダイの偽物.といわれたりして倦厭されがちのオオクチハマダイ.
不味いと言っている人も居ますが,個人的には美味しいと思います.
オオクチハマダイが不味いなら,フエダイ系の魚は総じて苦手なんじゃないでしょうか?

身の色がちょっと悪い(少しピンクというより黒みがかっている)ので,見た目的にはそれほど美味しくなさそうに見えますが・・・.

生もいけますが,私が好きな料理は焼き.
特にバター焼きは美味いです.和との親和性もありますが,洋食系の味付けにすると,繊細な旨味が活かせると思います.

ということで,個人的なよく釣れるけど捨てられたりしてもったいない外道5選でした!
ぜひ釣れた際は美味しく食べてあげましょう!深場に居る魚が多く,なかなかリリースが難しい種ばかりでもあるとおもうので・・・.


2018年11月7日水曜日

ロッドの性格を数値化する方法を考えてみた


どうも45です.

ロッド選びって難しいですよね.
そして重要ですよね.

私がメインでやっている「ジギング」ですが,ジギングと一口に言っても,色々なスタイルがあり,色々な魚種が居て,色々な海域があって・・・・多種多様です.そのため,ロッドの種類も豊富!

他のスポーツをあまりやらないので,わかりませんが,ロッドは例えば,ゴルフでいうところのクラブよりも,野球で言うところのバットよりも,テニスで言うところのラケットよりもバリエーションに富んでいて,そのために選ぶのが非常に難しいと思います.

個人的にジギングロッドの性格を大きく特徴づける要素は「素材」「強度」「強さ」「重量・バランス」「調子」の5要素だと思います.

それぞれが独立した要素ではないですが.これらの複合,そして,相互に影響を及ぼし合って,一つの「竿」は完成しているものと思います.

何本かロッドを使ってみて,自分の理想とするアクションがわかってくれば,店頭で曲げただけである程度好みの竿かそうでない竿か判断できるようになります.
判断できるようになるためにはかなりの経験が必要だと思います.

つまり,初心者からすると,ロッドとロッドを比較的できる指標が欲しくなってきます.

初心者のうちは目に見える指標に頼りがちです.
例えば,このロッドのジグ適正値は○○g〜✗✗gと書かれているのを見て,そのグラムが重ければ硬い竿,軽ければ柔らかい竿と評価しがちです.
しかし,この適性重量というものは,ジギングロッドの場合,メーカーによって全然考え方が違います・・・.
なので,ほとんど当てになりません.

実際,私は適正値120gのジギングロッドで400gのジグをシャクったりもします.
普通にしゃくれますし,普通に釣れます.

というような感じで,何かメーカー間を超えて,ロッドを評価できる画一的な指標が欲しいと考えたのがことの始まりです.

で,とりあえず,それぞれの特徴を別個に抽出して数値化することは難しいので,とりあえず,完成品の「ロッド」の「性格」を数値化する手法について考えてみました.

個人的に「数値化」というのは重要だと思います.
「数値化」は「感覚」の対局にあるような言葉ですが,きちんと必要項目を「数値化」できていていれば,同じ数値の「製品」はつかった感覚も「同じ」になるはずだからです.そして,数値が「近い」「遠い」などの傾向で分類分け出することができ,実際のロッド選びの際の指針になりうると思います.

数値が重要なのは例えば,ノットの「強度」や「ドラグ値」などです.
「強い」とか「弱い」とかいう人間の感覚が如何に曖昧なものかがよく分かります.
数値で出されたものは真ですが,感覚は真が偽か分かりません.

で,ロッドを数値化するということにおいて,いくつか項目を考えました.
簡単に測定出来る外観的数値としては

①長さ
②重量
③重心

この3つかと思います.
意外と重要なのは③の重心.

そして,「調子」に関して数値化すると良いと思うのは

①ロッドの角度,負荷重量,ロッドのベンド量の関係

複雑化しようと思えば,いくらでも項目が増やせますが,とりあえず3変数ぐらいにしておかないと,データ取りが難しいので,このような項目を考えてみました.
3変数であばれば3次元空間上にデータプロットが出来るので,データ曲面を作ることができます.

データ曲面の近似性を持って,似ているロッド,似ていないロッドというのが決定されてくると思います.

もし,データとして色々なメーカーの色々なロッドでこれらのデータが揃ってくれば,今の所発売されていないロッドの領域も見えてくると思いますし,もう少しこういうロッドがほしい.と思ったときの指針になると思います.
自分の感覚と他人の感覚を比較することも出来るし,自分のロッドの数値から,自分が持っていないロッドの調子などを想像することも出来るようになると思います.

データの取り方.
①ロッドスタンドにて,ロッドをある角度に固定する.
②ロッドの先端におもりを吊るす
③下がった量を測定する

この①②③を色々な組み合わせで行う.
実際は,下がった量と,手前にシフトした量の両方を測定すると良いと思いますが4次元プロットになると,空間にプロットしにくくなるので,できれば3変数までに抑えたいと思い,入れませんでした.

もし,カスタムするとしたら,①を0°に固定しておいて,②おもりの重さ,③下がった量,④手前にシフトした量
この3変数にすると良いと思います.

基本的なデータ曲面の作製としては,
①の項目は竿が地面と0°と地面に対して45°をやればだいたいのところが見えてきそうな気がします.
②,③についはロッドの強さによって変わりますが,変化が大きいところは刻んで,変化が小さいところは大きく開けてもよいのかなとも思います.

こういうデータの開示はほとんどのメーカーがやってないです.
私が知っている中ではまともにカーブを出しているのはZENAQぐらいです.

硬いか柔らかいかの指標として,ある重さにおけるロッドカーブの違いはダイワやシマノ,ヤマガブランクスなんかも出していますが,大体の感じはつかめるとしても,きちんと数値化されたデータにはなっていないので,評価が難しいところです.

個人的にはどこかの釣具屋さんが,こういう緻密なデータ取りをやってくれないかなぁと期待しているところです.
釣具屋というのはものを売るプロフェッショナルなのかもしれませんが,売るもののことをどれだけ理解しているか?は非常に重要だと思います.

まずは,自分の手持ちロッドでこれらを測定できるシステムづくりをやってみて,データが取れそうなら,今後公表していきたいと思います.

でわ.




2018年11月5日月曜日

本命以外が爆釣? | マル秘ポイント開拓 Part.2

どうもです.

だいぶ前の話ですが,10月中旬?の話です.
この日はカヤックで出ようかなぁと思っていたところ,プレジャーの友人から声がかかって,マル秘ポイント開拓へ行ってきました.

なんでも・・・以前の開拓で釣れてった人が25kgのカンパチを釣ったとか.
自分もでかいカンパチは居るだろうなぁと思ってた場所なので,やっぱり居たかーと思ったところでした.
マハタも〜7kgぐらいまでの型ながら数本釣れたとのこと・・・.

まぁ,前回釣れたからといって,また釣れるとは限らないのが釣り.
むしろ,前回連れた分,今回は釣れないんじゃ?ぐらいに自分はネガティブに思ってしまう方です.

基本的にはニュートラルに「今日の海と向き合う」
というスタンスで行きます.

今回は珍しく,底物メインで狙ってみることにしました.
たまにカンパチ狙いのシャクリもやりますが・・・.

数時間で目的地.

ここは自分も行ったことがない場所だったので,地形をみるのにワクワクです.

面白そうな地形が何箇所もあり・・・.
結局打ちきれないんですが,中深海も面白そうな場所でした.

ただ,問題は・・・遠いこと.

朝イチは実績場所を流しますが,まぁ,当たってきません.

最初のゲストは良型のキツネダイ.

最強にうまいベラ3種の中の一つです.
※残りはシロクラベラとタキベラ.タキベラは美味いことを知らずに釣ったことあるのにリリースしてしまって大変後悔しました.

ちょっとキモいので,みんな持って帰りませんが,私はこいつ大好きです.

で,あとは・・・・アヤメカサゴが連発!
底物狙いなので,仕方ないですが,ここまでアヤメが残っていることに驚きです.

いいサイズも混じります.

あとは・・・マハタポイントの名ゲスト「エビスダイ」

旨い魚です.

エビスダイはもう一匹水面抜きあげでバラしました・・.
さばくのは1匹で十分なので,良かったです(笑.
こいつは水圧変化にも強いので,帰ることが出来ます.
帰った後で生きてるかは分かりませんが・・・.

そんなこんなで,ゲストは釣れるものの,メインのカンパチ,マハタは釣れませんでした.
船長がネリゴを1匹.

移動して,他にもポイントを打ってみます.

移動先で・・・真鯛フィーバー.
私は真鯛1匹だけ.


あと・・・・ブリ・・・・.


なんかおかしいなと思ったらブリでした.

更に移動.
移動先も潮なし.
アカヤガラを1本,マトウダイを1本・・・.


帰りはスジアラ,ネリゴポイントを覗いてみましたが,無反応でした!

という感じで,本命は釣れなかったですが,いろいろ釣れて,面白い日でした.

今回行ったポイントの周りにはまだまだ資源は残されているような気がしました.
なかなか行くことの出来ない場所なので,丁度よいかなと思います.

そして・・・最近は根物の狙い方がよくわからなくなってきています(笑.
ただ潮が悪い日に当たっているだけなのか・・・・自分が悪いのか・・・.
アヤメ釣れるけれどもハタは釣れない・・・.

これからこの海域ではでかいカンパチはオフシーズンなので,来年にまた期待!って感じです.

マハタ狙いならチャンスはありそうな気がしてますが,マハタ・・・,難しいですね.
ただ,ハタの前にジグが落ちれば比較的食うというイメージもありますけど.

色々な負のループから抜け出したいところです.

今回はいろいろ釣れて,また新しい釣り方なんかも模索できて非常に楽しかったです.

釣果:アヤメカサゴ×6,真鯛×1,エビスダイ×1,マトウダイ×1,ブリ×1,キツネダイ×1,アカヤガラ×1


だいぶさばいた後でブリとキツネ,エビス,ヤガラしか見えませんが・・・.クーラーの写真.

でわ.

・遊漁船(22日+半日×3)+プレジャー(2日)+マイボート(1日)


▶カンパチ×14(38kg,29.5kg,20.5kg・・etc)
▶ヒレナガカンパチ×11
▶ブリ×3
▶ツムブリ×1
▶ハガツオ×3
▶カツオ×1
▶スマ ×2
▶ハマダイ×4
▶オオクチハマダイ×3
▶メダイ×1
▶キビレハギ×1
▶ヒメダイ×1
▶オオヒメ×2
▶アザハタ×1
▶キジハタ×1
▶イヤゴハタ×1
▶チカメキントキ×5
▶アカムツ×21
▶アカヤガラ×4
▶シロムツ×1
▶クロムツ(ムツ)×10
▶タチウオ×9
▶ソコホウボウ×1
▶マダイ×7
▶レンコダイ×9
▶マトウダイ×1
▶カゴカマス×1
▶ハチビキ×29
▶ゴマサバ×1
▶エビスダイ×4
▶キツネダイ×1
▶ウッカリカサゴ×3
▶アヤメカサゴ×6
▶ユメカサゴ×27
▶ソコホウボウ×1
▶ツノザメ系×7
▶サバフグ×1
▶イタチザメ(150kgオーバー)
▶ケンサキイカ×1
▶エソ×1
▶岩(5.4kg)

・カヤック(10日+半日×3)


▶クエ×1(30kg)
▶アカハタ×2
▶キジハタ×3
▶オオモンハタ×3
▶アザハタ×1
▶アカムツ×20
▶クロムツ×9
▶シロムツ×2
▶ユメカサゴ×1
▶アマダイ×4
▶マダイ×6
▶レンコダイ×6
▶アカイサキ×1
▶イサキ×3
▶カガミダイ×1
▶ゴマサバ×1
▶マサバ×1
▶ハガツオ×1
▶アジ×6
▶オジサン×5
▶アカヤガラ×3
▶イネゴチ×1
▶カサゴ×2
▶オニカサゴ×1
▶イズカサゴ×1
▶ウッカリカサゴ×4
▶ハナメゴチ×2
▶エソ類×2
▶エイ×1
▶スルメイカ×1
▶タチウオ×3
▶ソコイトヨリ×2
▶ツノザメ系×5
▶オナガザメ×1




2018年11月2日金曜日

成長する釣り人と停滞する釣り人の特徴 | 議論できるか出来ないか?

どうもです.
今回はグチグチした内容になります.

ブログの記事ではそうした,記事は書かないつもりでいましたが,若い人がこんな人間になってほしくないなという思いで書きます.

成長する釣り人とは,個人的には他人の意見を吸収して自分でも考えられる人だと思います.停滞する釣り人とは,他人の意見を聞かず,自分の意見が唯一絶対正しいと思ってる人だと思います.
 

ふと,ツイッターのタイムラインを覗いていたら,以下のようなツイートが流れてきました.引用します.

世の中、議論できる人ほど「話し合いで人が分かり合うのは無理だ」と言ってて、相手の話を全く聞かない人ほど「話し合いが大事だ!絶対分かり合える!」と言うよね。無能な上司ほど「私は有能だ!」と思い込んでるのに似てる。
https://twitter.com/R8eru/status/1056930824115736576

これね…「議論ができる人」は、合意とは妥協の事だと分かっているので、互いの妥協点を見い出す為に努力するんだけど、
「相手の話を全く聞かない人」って、自分の思い通りの要求を相手が呑む事を合意だと捉えていて、その為に「絶対分かり合える」という言葉を使って食い下がるだけなんだよな…
https://twitter.com/takuramix/status/1057181632296181760

ああ,まさに!と思った次第です.
コレを見て,成長できる釣り人と停滞している釣り人の違いはこういうところにもあるだろうなぁと思いました.

以前にも私はイライラしている時に以下のような記事を書きました.

 【要注意】何を行っても無駄な人

https://kimamanitsuri.blogspot.com/2016/02/blog-post_4.html

私事ですが,最近,Instagramにてフォロワーの多い影響力のある方とDMにてやりとりした際に,例のストレートポンピングの話になりました.
その方はキャスティングでは大きい魚をつられていますが,ジギングでは15kgより大きい魚は釣られたことが無い方.カンパチは10kg程度まで.

そういう方に限って,「ストレートポンピングは意味がない,やる必要はない」とおっしゃる方がいらっしゃいます.村田基さんもそうでしょう.
自分がそう思うだけなら,個人の勝手なので,考え方の自由でいいんじゃないかなぁと私は思うんです.
しかし,影響力のある人が,初心者の方などに対して「ストレートポンピングはやらないほうがいい,やっちゃダメ!」というのとはまた別の話だと思ってます.
インスタグラムでそういう趣旨の発言をされていたので,自分が思うストレートポンピングのメリット,そして実績,相手がストレートポンピングをダメだと思う理由を聞いた上での回答を行いました.

いっしょに釣りに行くメンバーも探していらしゃったので,百聞は一見にしかずなので,私と釣りに行ってくれともお願いしました.

色々と精力的に活動されている方のようだったので,建設的な議論ができるか?と思っていたのですが,その後,結局,音信不通の後,ブロック,鍵かけ.

あー,その類の人だったかぁと残念に思った次第です.

で,こういうことを書くと,ブロックされたのが悔しかったの?相手にされなくて残念だったね!みたいな典型的な煽りをする人がいらっしゃいますが,そういう煽りをする時点でそのレベルの人なんだなぁぐらいにしか自分は見れないですね.

本質はそこじゃないですから.

で,冒頭に戻ってきます.

大人になってから,こんなに議論ができない人が多いなんて思ってなかったです.
自分が環境に恵まれていたからなのか,高校,大学と周りの人達,友人とはよく議論が出来ました.
議論をすることなく,育ってきたような人と自分が大人になって相まみえた結果,コレです.

ツイッターでは議論が出来ない人は「絶対分かり合える」と思っている.
というところで止まっていますが,重要なのは「自分の思い通りの要求を相手が呑む事を合意だと捉えている」というところだと思います.
そして,自分がぐうの音も出ないぐらいの理論を突きつけられた時に,相手の思い通りの要求を飲まないといけないと勘違いをしていて,結果,本当にどうしようも無い人はそれが嫌で,相手を遠ざける,無視するという選択肢を取るのだと思います.
ああ,そういう考え方もあるんですね〜,言ってることは分かりました.だけど,自分はやっぱり違うと思いますって感じと相手の意見の存在を認めつつ,自分の意見を曲げないことだってできるはずなのに・・・.

まぁ,本当に遠ざけることでしか解決しないような人も世の中には居ますけど・・・.
そういうのと議論をすることの区別がつかないのかなぁと思いました.

私はストレートポンピングもアリだし,竿を曲げたファイトもアリだと何回も言ってます.それは使ってる竿の強度やかかってる魚,リールのドラグ,人の体力.ラインの角度,その人の考え方や,その他いろんなファクターがあって,やり取りが決まるものであると思っているからです.

私が私のことを絶対的に正しいとは思っていません.
そうは思っていませんが,私なりに考えた結果であり,前にも書いたように,「考えの存在」は認められるべきだと思ってます.

・・・・・


まぁ,愚痴っとした内容でしたが,私にも悪いところは色々あると思うので,自覚はしています.でもまぁ,そんなみんなに好かれて納得されて,誰からも嫌われないみたいな正に聖人みたいな人なんてそんな居ませんし,悪いところも個性ですから,敢えて耳の痛いことを言ったりしてます.周りからどう思われてるかは分かった上で空気を読むか読まないかは本人次第かなと.敢えて読まない選択まであることを解っているとだいぶ生きやすいです.

でわ.