2019年7月22日月曜日

Amazonで19ヴァンキッシュC5000XGが半額!50%OFF?

どうもです.

ちょくちょく出てくるAmazonネタ.

今日は端的に19ヴァンキッシュのC5000XGが激安半額で売ってるという話.
どうやら定価設定をAmazonが間違っているようです.

予約品なので,相手都合のキャンセルになる可能性もありますが,ネタもないので,更新します.


このアフィリエイトリンクは在庫があるショップのものなので,45000円ですが,

https://amzn.to/32FR8oP

こちらのリンク先からトップにAmazonからの購入があります.
37370円.

定価は64500円ぐらいなので,およそ半額.
ほしかった人はチャンスかなと思います.
※予約品なので,本当に届くかわからないのと,この記事が公開される頃には値上がりしているかもしれません?
ちなみに7月12日以降,ずっと安くなってます.

C5000モデルってステラなんかでもそうですが,4000と互換性のあるボディー,ローターでスプールだけC5000仕様です.
C5000スプールはドラグがカーボンワッシャーなので,個人的にはライトジギング向け.

さらに通常ヴァンキッシュはハンドルがCI4仕様ですが,C5000XGだけ強度のあるアルミ製です.ということでますますライトジギング向けって感じです.
ヒラスズキとかもアリかなと.


他の番手も安くなってないか見てみましたが・・・・・
それはないようでした.

Amazonってたまに思いもよらない釣具が安くなってたりするんですよね.
ほしい釣具だったときには買いかなと思います.

定期的に色々見ていると面白いです.

でわ.




2019年7月19日金曜日

Speedmaster Ⅱ | USシマノが廉価な2スピードレバードラグリールを出すよ | トルサ タリカ ティアグラ

どうもです.

US Shimanoって結構自分好みの製品出してるんですよね.
例えば,昔紹介したToriumだって,安くてジギングに使えるリールですし,トランクス401だって日本にないサイズの左巻きレベルワインド付きリールです.
他にも持ってないですが,Tekotaという左巻きもある,比較的廉価なレベルワインダー付きのリールもあります.
なぜ日本で売らないのか!?不思議なぐらい.

日本シマノも昔はオシアジガーEVみたいな廉価機種があったんですけど,最近は廉価機種を全然出しませんね.

レバードラグも昔はジガーLDがあったのに廃盤になっているし.

こういう状況を見ていると,自分がやってる釣りって時代に反していってるんだなぁって感じます.大企業は売れる道具しか作らない・・・そのくせ道具無いのにトカラ来たりしてやってることがオカシイ気もします.そこでやっぱデカイリールとか重いジグとか必要だなと思って作ってくれればまた裾野が広がっていくんですが・・・・果たしてどうでしょうかね?

そうそう,また話は違うんですが,日本でジガーLD2スピードとして売っていたリール,USシマノでは未だに現役で,タリカ12Ⅱとタリカ16Ⅱがそれぞれ2000と4000にあたります.欲しい人居たらそっちを買うと良いです.

で,今回はレバードラグの廉価モデルが出たって話です.
一部の情報の早い人達はすでに反応してましたね〜.

SpeedMaster 2 Lever drag


無骨で普通のリールです.
SPM12ⅡとSPM16Ⅱがあります.

当然のごとく右巻きモデルしかありません

最大巻取りは両モデルとも42インチ.
106cmちょっとなので,ミドルギアぐらいです.
ローギアは23インチで,58cmぐらいなので,かなりのハイパーパワーだと思います.

ベアリングは4つ,最大ドラグは40ポンドになってます.自重は750gぐらいのリールです.

2スピードギアのリールは使った人かつでかい魚をかけたことが有る人しかわからない効能があります.私はでかい魚を狙うなら必須の機能だと思ってます.
特に潮が変なところでやる場合は・・・・

お値段は12が250ドル,16が260ドルです.
少しディスカウントが入る店で変えば,1割〜2割引ぐらいで買えるんじゃないでしょうか?

日本なら27000円と28000円って感じです.

私は左巻きなので,買う予定は無いですし,リールは十分持っているので,大丈夫ですが,右巻きの人でレバードラグ1台目としては安心のシマノなんじゃないかなぁと思います.
アキュレートはおすすめですが,値段は高いです・・・・.

ご購入に関する相談等あれば,お問い合わせください.

実機の説明は以下の動画で.
コメント欄見ると,やはり海外でもレフティを求めている方はいらっしゃいますね.
でも人口少ないから出さないんでしょうね.







2019年7月17日水曜日

ドカットのエヴァンゲリオンモデルが発売されていた件・・・・

どうもです.

釣具のハードな道具入れとして人気のあるドカット.

OEMで色々なメーカーがドカットを出しています.

前も紹介した例だと・・・
KTCが真っ赤なドカットを出しています.
紹介記事は↓
https://kimamanitsuri.blogspot.com/2017/02/3ktc-ekp-1.html
私が愛用している道具入れです.

で,最近,角利産業のエヴァンゲリオン工具シリーズより,エヴァコラボのドカットが発売していました.

http://www.kakuri.co.jp/maintop/elementor-2053/

メーカーホームページは↓
http://www.kakuri.co.jp/category/item/a-t-fieldtoolbox/

初号機モデル,零号機モデル,弐号機モデルがあります.

それぞれ,機体カラーになってます.
零号機モデルは山吹色のほうをフィーチャーしているようです.

ドカットのモデルはD-4500で,ドカットのなかでは一番小さいモデルになります.




実物を釣具屋で見ました.
サイドの文字やイラストは塗装になっていて,シールではなかったので,そこそこ耐久性はありあそうです.

個人的には,なんか取手が全部黒なのがセンス無いなと思ったところでした.

人と違うドカットが欲しい人は買ってみるのもありだと思います(笑.

でわ.


2019年7月12日金曜日

フルノ魚探 DFF-3D + TZ professionalが魚探革命すぎる件

どうもです.

またまた魚探ネタ.
しかも,ほぼ庶民には縁遠いと思われるハイスペック系魚探ネタです.

Garminに標準搭載されている技術,クイックドローコンター,クリアビュー,サイドビュー及びパノプティクスは日本の魚探会に衝撃を与えたと思います.
クイックドローなんか今は数万で買える魚探にすら付いているものですから,本当にすごい時代になったと思います.

そして,サイドビュー,船下断面が見ることができるパノプティクス.このあたりも特定のユーザーにとっては非常にありがたいものでした.

が・・・・・

私は思いました.

モット出力がほしい.

要はGarminのサイドビューの場合,一番遠くまで音波が飛ぶもので周波数が260kHzの500Wになっています.
なんとなく惜しい・・・・.
というのも,これだと,快適に使える水深が高々50m〜60m程度(80mぐらいでも使えるっちゃ使える)にとどまるからです.
十分じゃねぇか!と思う人も居るでしょう.

でも,もっと深い海で使いたい人間だっているのです.

そこで,色々調べていた結果,去年たどり着いていた答えが,FurunoのDFF-3D.
https://www.furuno.com/special/jp/fishfinder/dff-3d/?=yt

これはNavNet TZtouchシリーズに接続して使うセンサーシリーズのうちの一つです.
マルチビームソナーという名前が付けられています.
なんと,これが,断面画像&サイドスキャン&マルチ魚探をこなすという画期的なソナーになってます.
周波数は165kHzの800W.ちょっとだけ物足りないですが,Garminに比べると,高出力,低周波数のため,深い海でも使えます.

縦方向に限れば300m,断面映像,サイドスキャンの実用範囲は水深200m.

めちゃくちゃ使えます!
どのようなイメージか?というのはFurunoの紹介ムービーを見てもらったほうが早いでしょう.


断面映像モード
3D履歴モード
マルチ魚探モード
サイドスキャンモード

全部めちゃくちゃ使えそうです.
良いなぁ・・・・.
値段は標準価格で54万円です.高いですね・・・・.

それにDFF-3Dはモジュールブラックボックスのみなので,それをつなげる機器(画面)が必要です.
日本の場合は,NAVNetのTZTouchシリーズに繋がります.
オープン価格なので,値段がよく分かりませんが,FurunoUSAのドルを参考にすると,40万〜65万ぐらいって感じです.

100万コースですね・・・・.
Furuno魚探は高いです.高嶺の花.

さて...このFurunoのDFF-3Dを含めたモジュールシリーズ.
他にはチャープが使える,DFF1-UHDや3kwの振動子まで駆動できるDFF3,底質判定機能付きのBBDS1などがあります.

そして,これらはNavNetシステムによって,TZTouchシリーズに繋げなければならない・・・と日本語のサイトでは謳っています.

が・・・英語版のサイトにはもう一つつながる機器が書かれてあります.

それが・・・

TZ Professional というソフトを搭載したPC.

TZ Professionalとは?
欧州で開発されている,海洋ナビゲーションソフトです.

https://mytimezero.com/tz-professional

MAXSEA・Nobeltecが開発しています(たぶん.

で,このソフトにモジュールを追加することで,Furunoのモジュールシリーズを駆動することが出来ます.

そこまでは,まぁ,別に・・・・って感じだと思いますが.

TZ professionalの更に別売りのモジュールにPGBモジュールというのがあります.
PGBとは,Personal Bathymetric Generator の略です.
適当に直訳すると個人の等深線生成機.
要はGarminのQuickDrawのように等深線を生成できる機能を追加することが出来るんです.
しかもモジュールとして追加するので,かなり高機能です.
等深線の細かさを指定したり,表示方法を指定したり,色分けを細かく指定しり・・・.
編集もできます.

とにかくすっごく高機能なクイックドローだと思っていただければ.
PGB moduleの紹介はこちら
https://mytimezero.com/tz-professional/personal-bathymetric-generator

さらにTZ professionalでDFF-3Dを使うにはDFF-3D用のモジュールも必要になります.

色々なものが必要になりますが・・・・
通常の魚探であれば,船の真下の地形図を書いていくことしかできませんが,DFF-3Dを使えば,断面の水深をいっぺんにマッピングすることができます.

その機能をわかりやすく紹介した動画があるので,紹介します.

日本語ではないですが,直感的に凄さが分かると思います

これはかなり効率が良いと思います.
ポイントを探すときなんかも楽そうですね.

日本でここまで導入している人いるのだろうか?

ちなみに,Furuno本社に電話で問い合わせたところ,日本では売ってないけど,海外から買ってつなげれば対応はしていると言ってました.
最初,担当の方もTZ professionalって何?みたいな感じでそんなもんは知らん!って対応でしたが,詳しく説明すると,あとで確認しますということで,確認して貰いました.

また,TZ professionalですが,国内に販売店はありません.
海外から買うことになりそうです.

ミスった水深のところなど,エディットできたり,水深色分けとか3D表示とか,通常の魚探ではなかなか出来ないかゆいところに手の届く機能が盛り沢山です.

湯水のように金があったらコレ導入したいです.

TZ proは本体が約1500ドル,PGBモジュールが1500ドル,Fruno DFF-3Dモジュールが900ドルが定価となっているようです.結構お高いなぁ.3900ドルぐらい導入に必要ってことですね.※ディスカウントして売られているショップも多々あるので,安いところを探せば,もう少し安いと思います.
でもまぁ,TZ touchもそれぐらいの値段しますからね.似たようなもんって感じです.

でもまぁ,このシステム導入できれば,かなり無双できそうな気がします.

海の中が見えすぎるという世界に最近到達してきている気がして・・・・
それって楽しいのか?と言われるとよく分からんのですが,ハイテク魚探の導入はまた違った釣りの世界を見せてくれるような気もしています.

戦略的に釣ることが好きな人は,好きなんじゃないかなぁと思います.

導入するかしないか?等は個人の考え方もあると思いますし,何事も賛否両論あって良いと思います.

存在を知っている.
ということは一つアドバンテージだったりもします.

ということで,今日はハイエンドクラスの魚探と,日本ではあまり馴染みのないナビソフトの話でした.

また,魚探の話などはちょこちょこ更新していきたいと思います.

でわ.
普通のフルノ魚探の価格が知りたいという方,例えば,下記からアクセスしてみてください.
その価格にびっくりすると思います(笑.













2019年7月10日水曜日

明日丸で種子島沖カンパチジギング遠征へ | 開拓

どうもです.

6月の釣行記更新します.

今年もやってきました屋久島 安房港の明日丸遠征.
毎年恒例になってます.
1年以上前から予約しないとハイシーズンには乗れない船になりつつある明日丸・・・.
船長のやる気と根性は自分が知ってる中ではピカイチです.

いつもであれば,フェリーとしま2で口之島に渡って,トカラで釣りをするというプランで遠征します.ですが,今回は天候悪く,トカラを断念.

土曜の朝一のトッピーで屋久島に行って,昼から半日釣り,夜は種子島の港でキャンプ,次の日は種子島沖〜屋久島沖を半日釣りやって帰ってくるという半日+半日プラン.

半日+半日ですが,普通の遊漁船で釣りするぐらいの時間は2日ともあります・・・.

今回は明日丸はじめましてな方2名.
新しい人が自分の企画遠征に参加していただけると,嬉しいですね.
トカラに行けなくて残念ではありましたが,ポテンシャルとしては種子島沖もあなどれないと思っています.

安房港まで船長と奥様が迎えに来てくださり,安房港までトランスポート.
6人の荷物で軽バンが満杯.

初日は種子島沖の開拓.
最初のポイントだけ,やったことあるポイントに入りました.

・・・・潮が緩い.
結構嫌な予感ですが,外道は当たってきます.

チカメキントキ&オオクチハマダイ.


本当にやばい潮なら外道も当たってこないです.
が・・・本命のカンパチは当たらず.

潮が緩くてどうしようか迷いましたが,開拓をリクエスト.
何でも良いからカンパチ,マハタなんかが1匹でも釣れれば良いかと.
開拓は良い瀬を見つけられれば,マハタのような底物は大型がいきなり当たったりすることもあると思います.そういう意味でロマンはあります.リスクもありますけれど・・・.

いくつか大型が着きそうな場所は見つかりましたが?

潮がだんだんと無くなっていき・・・・・・

最後には0.0ノットを記録.

潮には勝てませんでした!
潮ユルの定番・・・マダイなどがヒットしました.マダイ・・・サイズいいんですけどね.


メダイも釣れていましたね(笑.

最後のポイントで隣のKくんにマハタっぽい?いいアタリが出ましたが,すっぽぬけ.
大型のハタ系は最初のバイト,私の経験上はほぼ「噛み」に来るので,フックアップが難しいですね.

自分に巨大シャークのジグ直バイトあり・・・・船べりまでのそのそ寄ってきて,船見た瞬間に走り出し,ドラグ10kgほどかけても100mワンダッシュで出されて,1mぐらいしか巻けず,さらに100m出され・・・・.これはきりねぇわと思ってドラグカチカチにあげてファイトしたらすぐに歯切れしました.リーダーザラザラしてたので,まぁサメでしょう.
初日最後はクロムツでした(笑.


その日はそんな感じで,潮無しに泣かされる日でした.
やっぱり開拓甘くない!しかし,いつも甘い状況ばかりでも面白くない!

私は難しい状況こそ楽しんでいきたいと思います.

実際,色々考えることが多く,楽しかったです.
次,同じような状況なら,また違ったアプローチで試してみたいなと思いました.


その日の夜は種子島でキャンプ.

私の計画する明日丸釣行は基本全てキャンプになってます.
宿をとると,夕食の時間に間に合うように釣りを切り上げなければならなかったり,宿のある島に絶対行かなければならないので,トカラの中でも攻める範囲が限られたりします・・・.キャンセルしたらキャンセル料取られますし.
キャンプだと,かなり臨機応変に対応できます.
明日丸の場合は釣りしてる時間が長く,陸に居るのも8時間かそこいらですから,軽く水浴びして,飯食って寝るだけです.宿代かからず快適.
2000円のボロテントに500円のアルミシートで寝てます(笑.
結構キャンプも楽しいですよ(笑.


次の日は実績場所を打ちつつ,一発を狙いつつ・・・種子島沖〜屋久島沖へ展開しました.

いつもの実績場で潮無し!!!!

潮無しなのでいきなりマダイ(笑.


いくつかポイントを打ちましたが,潮がこないので,大きく移動.
が,移動先でも潮があまりなく・・・反応も乏しい.

0.2ノット〜0.3ノット,風を使って船だけ0.5ノット.

ちょい浅場〜深場までチャレンジ.
浅場にもあまり反応なく,魚はどこへ行ったのか!?
たぶん魚は居るんですけど,口を使わせられない感じです.
ポイントについて1流しは外道が当たったりするんですが,次の流しからもう外道すら当たらない.
見切られているのか,なんなのか?
こういう状況で,外道ではなく,カンパチやマハタを引いていく必要があります.
これがまた難しい・・・・.

が,潮が少しずつ回復してきて・・・潮だけで0.5ノットぐらいに.

魚っ気のある場所でようやくカンパチがアタリました.

めちゃくちゃコンディションの良いホンカンパチ.7kg弱って感じです.長さ的には5kgぐらいでもおかしくない長さ.
パット見の体高はヒレナガ並です.
よく引きました.ヒレナガだと思ったぐらいです.

次の流し,ちょっと底物でも狙ってみるかと思って狙ってみたら・・・.
マハタ小.

エア抜きしてリリースも考えたんですが,身の中にもエアーが入ってしまっている感じだったので,キープ.深いとリリース難しいですね.

場所を変えて・・・・
オオクチハマダイ


カンパチ小
自分が釣ったのは右の魚です.左はKくん.

レンコダイ(おそらく正式にはキダイ)

そして更に極めつけは・・・
ウッカリカサゴ(笑.

ウッカリカサゴ,ほぼ南限なんじゃないでしょうか?
種子島の南ですよ?船長も初めて釣れたと言ってました.

そうこうしているうちにもう時間・・・・.
潮がだんだん良くなって魚が当たり始めている時間でしたが,後ろ髪を引かれる気持ちで沖上がりしました.

状況が難しいと攻めた釣りがなかなか出来ませんね.
色々反省しつつ,次に生かしていきたいと思います.

でわ.

釣果:カンパチ×2,オオクチハマダイ×2,チカメキントキ,マハタ小,マダイ,レンコダイ,ウッカリカサゴ,クロムツ

潮無しの時は釣れてくる魚が赤くなりますね・・・・.

船中は良型のハチジョウアカムツやハマダイも釣れました!

明日丸,また行きたいですね.
最近は比較的状況の良いときに当たってましたからこういうときもないと燃えません.