2017年8月18日金曜日

スロージギング,スローピッチに関する誤解

どうもです.

スローピッチとか呼ばれている釣りを考案された方々がどう考えていらっしゃるかは不明ですが,この釣りには非常に誤解が多いと思っています.

私が直面して来た誤解一覧をご紹介します.

1.遅くしゃくる釣りである

これは間違いだと思っています.
名前がスローなので,遅くゆっくりネチネチシャクる釣りだと思われている方がいらっしゃいますが,そういう釣りだけではないです.もちろん,ゆっくりシャクることがいいこともありますが,昔ながらの速い巻きの動作も入れて良い釣りです.

2.専用の竿が必要である

これも間違いだと思ってます.
エバーグリーンのポセイドンシリーズという竿でなければならないという考え方やその他それに影響を受けた流れの竿いわゆる,スローピッチ専用ロッドでなければこの釣りは出来ないと考えている人が多いようです.
全くもってそんなことはないと思います.特に鹿児島においては深場のジギングとなることが多いです.水深も100m〜300mそういう水深でカンパチやマハタなんかの大型魚を狙います.そのような場合には昔のジギングロッドが活躍することも多々あると思っています.
MCワークスやダイコー,FCLラボ,硬めの竿でなければちゃんとジグが動かない状況は存在すると思ってます.竿については好きな竿を自分の自由な発想で根拠を持って使えばOKだと思ってます.

3.細い糸を使う

これはいっつもブログで言ってますが,必ずしも細糸を使う必要は無い釣りだと思っています.
狙う魚,海域,使うジグ,ハリ・・・いろいろなものをマッチさせてこそのタックルですから,糸自体の細さに拘わらなくても良いと思います.
細糸を使いたい人は使えばよいとも思いますが.

4.非常に特殊な釣りである,今までにない釣りである

スロージギングとかスローピッチとか呼ばれている釣りにはなんら特殊性はありません.
いわゆる普通のスピニングの速いジャークの釣りをやってた人でも意識していたフォール.
これをより意識した釣りというだけだと今でも思っています.
フォールを意識するだけでそれはスロージギングとかスローピッチとか呼ばれている釣りになると思います.なので,スローは・・・・とかハイピッチは・・・・とか本来は簡単に区別できないものだと個人的には思います.

5. 第一人者の真似をしなければならない

これはスローピッチ,スロージギングに限った話ではないのかもしれませんが,第一人者と呼ばれる方がいらっしゃいます.そういう人の言うことがすべて正しいと思ってその人の言うとおりの釣りを展開する人がスローピッチやスロージギングをやっている人には多いなぁという印象を持っています.
特にメーカーに近い人間ほどその傾向があり,某メーカーに近い人は細糸を使いたがり,また某メーカーに近い人は本当にギリギリの釣りをしたり・・・.
ちょっとメーカーの人に言われたからといってその通りのスタイルになってしまう.そういう人が多いなぁという印象です.
ジギングってもっと自分で試行錯誤して,自分の行く海域と向きあって,既存の釣りに囚われること無く,自由にやっていいもんだと思うんですけどね.
コピーをやめて自分のオリジナリティを確立できてこそ釣りは面白くなると私は思ってます.

6.ジグには「使い方」がある

このジグの使い方は〜.などとたまに説明されているのですが,使い方なんてものは無いです.入力に対するジグの反応があるだけです.こういう入力を入れれば,こう動きます.フォールアクションはこんな感じです.っていうのがあるだけです.
なので,1つのジグでもいわゆる「使い方」というのは「無限」に存在すると思います.なので,使い方なんてものは無いです.
このジグはどうやって使うんですか?なんていうよくわからない質問をされるかたがいらしゃいますが,糸を巻いたリールを竿にセットして,シャクったり,フォールさせたりするだけですよ?それを考えるのが楽しいんじゃないですかー.って感じです.

7.楽な体力を使わない釣りである

スローピッチは楽とか体力を使わないとか思われている方がいらっしゃいますが,そういう釣りもありますが,必ずしもそういうわけではないと思います.
200m以上のディープでカンパチなどの大型魚を狙う場合,そこそこ太い糸にの複雑な潮流で500g〜800g,1kgぐらいまで使う釣り.こういう釣りはかなり体力の必要な釣りだと思います.なので,スローピッチ=楽,簡単,体力は必要ないというのは必ずしもそういうわけではないと思ってます.

とまぁ,適当に羅列的に書いてみましたが,スローピッチやスロージギングと呼ばれる釣りは最初のコマーシャルがよくなかったと思っており,いろいろな誤解や間違いが蔓延していると思っています.
もっと自由に柔軟に,魚を掛けて獲りに行くというという釣り本来の楽しみ,意味に立ち返って,それをどうやったら体現できるか?をみんなが考えるようになれば良いなと思います.

でわ. 


2017年8月16日水曜日

タックル感度より人間の感度

どうもです.



釣りをしていると”感度”という言葉よく聞きます.
この竿は感度がイイ!とかこのラインは感度がイイ!とか.

みなさんもこの手の話はよく耳にされると思います.
特に繊細な釣り?で「感度」という話が出てくるように思います.
繊細じゃない釣りというのは無いとも思いますが,たとえばGTロッドなどで感度がいい竿なんていう売り文句はあまり見かけないなぁとそういう感じです.
感度という言葉をよく聞く,繊細な代表的な釣り,例えばルアーで言えば,メバリング,アジング,シーバス,スロージギング,エギングなどでしょうか?

確かに,近年ラインやロッドの進化は凄まじく,とくにラインはここ10年で大きく進化してきたと思います.

実際,10年前のジギングロッドと最近のジギングロッドを触り比べてみると,昔の竿はもっさりしており,重いし,ダルいし,水流変化を読むのに苦労します.
最近の竿でも感度に関して言えば,悪いものから良いものまで様々あり,どの次元の竿を求めるか?は人によって全然変わって来ると思います.

しかし,個人的には最近の竿は高感度の物が多く,人間側が甘やかされているように思います.
そうやって甘やかされてしまったために,人間の感度が低下しているのでは?と懸念致します.

ラインや竿というのはいわゆるところの伝達装置.
伝達装置がいくらよくでも,それを感じるセンサー(人間側)が感じ取れなかったらシグナルは無いのと同じです.

ということで,人間感度を上げていきましょう.

となるなるわけなんですが,これはなかなか向上しないのです・・・・.
実際,中深海の釣りでは魚がついているか分からないという人は結構みかけます.

人間感度を向上させるコツとしては,常に「感じる」ことを意識することだと思います.
それに尽きます.

人間感度を極めた人は水流変化から魚がまとわりついてきているのがわかると言います.
ジグのハリがジグに当たるのが分かるという人も居ますが,流石にそれは究極的に極めて無いとわからないと思います.

私も大型の魚では付いてきているのが分かりますが,太糸を使っている時や潮流変化が激しい時,小型の魚の場合では魚のまとわりつきがわからないことも多いです.
しかし,確実に言えることは意識するようになってから「分かる」ようになったということです.

タックルの感度ばかり注目されているように思いますが,実際,それを使っている人間の感度がいちばん重要なのでは?という記事でした.

でわ.




2017年8月14日月曜日

カヤック 200mラインを出されてブチ切られ

どうもです.
7月最後の釣行記更新します.
7月末,超久しぶりの海域で友人とカヤックを出してきました.

最初に行った場所では昔は出してよかったのですが,なにやら立て看板で「カヤック厳禁」の文字・・・・カヤック禁止になった経緯などは分かりませんが,マナーなど悪いとこのようなことになるので,注意したいものです.
ということで,急遽別場所へ.

準備も済ませ,とりあえず出艇.
まずは流れも無く,ほぼ潮停止状態.

この状態で色々走り回ってだいたいのポイントの目星をつけたいところです.
今回もQDCが活躍してじゃんじゃん海底地形図を作っていきます.

まずは20mラインで・・・アカハタ.


岸の近くには大挙としてキビナゴが寄せていますが,イマイチ追われている様子はなく,優雅に漂っています.
ちょっとだけキャスティングを試すとダツ・・・.
とりあえずお帰りいただきました.

浅場をしたたかに打ちますが,反応も薄いので,深場の開拓へ.

そういえば,カヤックに新しく搭載したGARMINですが,260kHzのサイドビューは素晴らしいです.
100mラインでも問題なく機能し,横100mぐらいまでの瀬を簡単に見つけることが出来ます.
また,海中の3次元立体構造も把握しやすいです.

ということで,80mラインで小さいながら瀬を見つけ,微弱な反応もあり.
落とすと1投目から当たってきたのはイサキ.


近年,あまりに釣り物がなさすぎてジギングのターゲットにされつつあるイサキですが,今回は150gのジグで釣っています.
大きいジグでもたまに掛かってきますよね・・・.ショアジギングしててもイサキは何匹か釣ったことがあります.
とりあえずリリース.

そして,同じポイントを打ち直してまたアタリ!ですが,同サイズのイサキでした.

もう少し潮が流れていれば面白そうでしたが,その後はあとが続かず.
周辺にいくつか瀬を見つけましたが,これもまたスカ.

ということで,中間の50mラインへ.
一応,カヤックではメインでスジアラを狙います!などと言っているので,浅場のスリットからベイト付きの反応まで流していますが,カヤックからはスジアラをまだ釣ったことがないので,これで合っているか探り探りであります.

少し流れが出てきたタイミングで50mラインの瀬に反応あり.
だいたい,反応があるところでしかジグ落としてないんですけどね・・・.
落とすとヒット.
このブルブルする独特の引きは・・・ハガツオだ−!
と思ったのもつかの間・・・・魚が変わり一気に横へダッシュ.
サメです.サメはサメでカヤックから釣るなら好きなので,ハガツオを奪われた悲しみはありながらも,応戦.
PE2号にドラグは最終6kgぐらいまで入れてますが,全く止まる気配がありません.
PEは500m巻いてあるので,いっときは余裕をもって見てました.たまーに止まるので10m出されて1m回収,20m出されて1m回収みたいな感じでジリジリとPE2がなくなっていきます.

200mぐらい出された段階で,カヤックで追うか!
と思い,カヤックで追い始めます.向こうは頑張って走っているというより,ただただ泳いでいるぐらいのキモチでしょうから,カヤックで少し追いついて巻き,少し追いついて巻き・・・.

10分ぐらいファイトしてましたが,フッっと軽くなり,見るとリーダーが歯切れしてました.
負荷がかかったり弱まったりかかったり弱まったりしていたせいでスレたんだと思います.
残念.

数mはあるサメだと思ったんですけどねー.
上げれてたらちょっと楽しかっただろうなと思います.
シャークフィッシングも今後カヤックでは取り入れようかなと真剣に考えています.

さて,貴重な時合で時間を使いましたが,別の60mラインに入り直すと,流れ,反応伴に今日一の反応.
で,これも落とすと,ヒット,ですが?この引きは・・・・.
真鯛でした.

ちょうど食べごろ美味しいサイズ.
この海域は流れも速いので身がしまって美味いです.
実際,食べましたが,ここ1年ぐらいの真鯛の中では一番の甘みでした.

この1匹を皮切りに爆釣がはじまるのか?
と予想しましたが,予想とは裏腹に2枚潮強くなり,反応も消え,おかしな状態へ.

そこからはQDCでひたすら海底地形図を書いて書いて,たまにジグ落として,釣れず.
最後にアカハタが来たのみでした.

今回,5Ahのバッテリーを使っていたのですが,6時間無いぐらい釣ったところでバッテリー切れ!
あとから確認してみると92svの消費電力はなんと驚愕の11W・・・.消費電流0.92A
ということは,5Ahならば,5時間半ぐらいしか持ちませんよね〜.ってことで,1日釣りするなら9Aぐらいはほしいところです.それで10時間近く持つはずです.12Ahのバッテリーも持っているのでいっときはそれでやろうかなと思っています.

ということで,ちょっと早めの14時過ぎに起き上がりでした.
ちなみに友人はちゃんとハガツオをゲットされていて流石でした.得体の知れないヤツにブチ切られたらしいです.
スジアラじゃないですかねぇ?なんて話しして,片付けて帰りました!

同じ海域に2艇居ると,安心感ありますね.

そういえば,お盆で水難事故のニュースが色々やってますね.
みなさんもくれぐれもご安全に.

でわ.

釣果:アカハタ×2,イサキ×2,真鯛×1,ダツ×1


2017年8月11日金曜日

GARMINの魚探が壊れた!?話とアップデート

どうもです.

先日,カヤックで出艇した直後,魚探のトラブルが有り,釣りをしないまま浮いている時間15分ぐらいで撤収してきました・・・.

どういったトラブルが出たのか?
GARMIN魚探のユーザーは直面するかも?しれないことなので記事にします.

具体的な症状としては

・振動子を認識するも,対応外の振動子だというエラーが出る
・振動子を誤認する

この2点です.

最初の症状では,振動子が接続された直後,あるいは振動子を接続したまま立ち上げた直後に以下のエラーメッセージが出ます.

"Unsupported Transducer Connected"
訳:サポートされていない振動子が接続されました.

もうね,恐怖ですよ(笑.
とりあえず,家に帰ってググってみても,明確な答えは探しきれず.
GPSMAPに関してはいくつか報告例がありますが,GARMINに問い合わせたけど明確な答えは無かったとの情報も!?

たまーに認識したかと思えばGT41をGT40やGT52HWと誤認したりしています・・・.

GPSMAPや旧ehoMAPではソフトウェア・アップデートのバグフィックスの中に入っていたのですが,echoMAP CHARPではそのような文字は見当たらず・・・.

という感じで,半日ぐらい色々やってみましたが,結局決め手となる情報は得られず・・・.
ちなみにファクトリーセッティングに戻すリセットを試しても戻らず・・・.
色々試しましたが,無理!

ソフトウェアというよりハード側の問題か?と思いまして,ベイルマウントを取ると,何故か浸水痕.え?IPX7相当じゃねーのかよ?と.
IPX7は30分1mに水没しても浸水しないって規格なんですが.
私の使用環境だとせいぜいIPX4相当なんですがこれ・・・.

端子も若干腐りかけてたので,接点復活剤,パーツクリーナー,錆取りで入念に磨き上げ・・・.その他,浸水などは無さそう・・・.

でも治らない・・・.はてどうしたものかと途方にくれていたのですが・・・.

放置していたら直りました!(意味不明.


原因が究明されないというのは非常にもどかしいですが,今のところエラーメッセージは出ていません.

本当に意味不明でした.

で,治ったあとなのですが,ソフトウェアのアップデートもついでに行っておきました.

http://www8.garmin.com/support/download_details.jsp?id=4749

以下のページからEXEファイルをダウンロードし,windowsPC上で実行してSDカードにアップデート用のファイルを生成します.

echoMAPを立ち上げたあと,microSDカードを挿入し,画面の案内に従うだけです.
現時点での最新バージョンは4.10

echoMAP CHARPシリーズでの修正箇所一覧は以下で見ることが出来ます.
http://www8.garmin.com/support/ch.jsp?product=010-01578-00
一応,細かなバグ修正とパフォーマンス向上などが盛り込まれているので,最新にアップデートして悪いことは無いと思いますが,くれぐれも自己責任で.

はたして何が悪いのか,今のところ皆目見当もつかないのですが,とりあえず直りました.

garmin魚探を海で使っているユーザーはまだまだ少ないように思います.
GARMIN魚探について情報共有していければいいなと思います.




2017年8月9日水曜日

スロージギング,太糸では食わない?細糸なら食う?何故?



”あの,スローピッチは,あの,当然細糸を使っていくわけなんですけど....”

これはジギング界の大御所,佐藤統洋さんのDVD「佐藤統洋のジギング2」の冒頭でおっしゃっている言葉です.
だいぶ昔のご発言なので,今もそう思っていらっしゃるかはわかりませんが,”スローピッチは細い” という「イメージ」は大半の人がまだお持ちだと思います.

それについての危惧を昔記事に書きました.

スロージギングの細いラインシステムに警鐘を鳴らす


ラインの太さについては各人のスタイルもあり,色々と難しい問題だと思います.

どのあたりが具体的に難しいのかというと,太い糸の場合,ジグの操作性も悪く,水流変化の読み取りも難しくなり,ライン抵抗が身体的負担になり,思うようにジグが動かせない,また,単純に太糸だと食わない.という話もあります.がメリットとしては魚が掛かればかけられる負荷のキャパシティが細糸より大きいということです.
一方で細糸はジグの操作性もよく,身体的な負担は軽く,魚の食いも良い.しかしデメリットとしてかけられるドラグ値のキャパシティが太糸より小さいということになります.

で,細い糸を使う人達と最近また対面することがあり,それは各々のスタイルだとして別に良いとは思うのですが,「掛けなければ始まらないから細糸を使う」という主張にはあまり個人的には賛同できないなと思ってます.それは再三言っているのですが,「掛けても捕れなければ意味はない」と思っているからです.

とはいえ,細糸だったら捕れないなどと思っているわけではなく,実際,PE2号や1.5号でも30kgぐらいの魚なら捕れるであろうシチュエーションには何回か出会っています.しかし,それとは反対に個人的にですが,10kg以上,14,5kgのドラグは入れたいな,そうじゃないと捕りにくいなと思うような場面もありました.
なので,状況や地形等に応じて掛ける負荷を決定し,自在にラインの号数を選択できるようになることが良いのだと思っています.

が,それはあくまで私の理想は「太い糸で掛ける能力」を身に着けていきたいと考えています.

というながーい前置きがあってタイトルに戻ってくるのですが,ジギングでラインの号数を落とせば魚は食ってくる.ということはもはやこれまで数々のジギンガーの経験から証明されている事実だと思います.そうやってもうすでに分かっていることをワザワザ自分がやる必要も無いのかなと思っています.

ジギングでいかにして太糸で食わせるのか?この答えはまだまだ未知に満ちていると思います.

では何故ラインの号数を落とせば食ってくるのか?
という話になります.

※ラインの号数を落とせば食いやすくなることはなにもジギングの話だけではなく,エサ釣りやキャスティングルアー釣りにも共通して言えることだと思います.

何故なのか?
この議論はあまりなされないように思います.

Twitterで意見を募集したところ,色々と意見を頂きました.

・ルアー・ジグの動きが悪くなるから
・ラインが太いほうが水流変化が大きく,それが違和感となる
・音鳴りの差
・ラインの存在感

概ね,一般的に言われていることを出していただけたかなと思っています.
個人的にはどれも正解だと思います.

だったら太糸のディスアドバンテージを打ち消すぐらいに魅力的なジグの動きが演出できれば,魚は食ってくるんじゃないかなぁ?というのが個人的な仮設です.

実際,ジギングでは全く食ってこないけど,泳がせ釣りなら釣れる!みたいな状況ってあります.で,一般的に泳がせ釣りはジギングよりはるかに太いラインシステムを使います

ということは?ジギングでも誘いのテクニック,ジグの選択,を磨き,ジグ本来の性能が高ければ泳がせ釣りと同じぐらいの号数でも魚は食ってくるんだろうと思っています.

太いから絶対に食わないというわけではないということです.

如何に太糸で食わせるか?
これを実現するためには一般的に,ちょっと重すぎると思われるレベルのジグを浅い水深で使っていくことが重要だと今のところ思っています.
重いジグを使うことによって,ジグの運動量が大きくなるので,そのジグの動きはラインの影響を受けにくくなり,ラインを太くすることでジグ本来の動きが出せないという課題もクリアすると思っています.

具体的に書けば,水深の4倍〜6倍ぐらいのジグの重さを使っていく感じになります.
実際,最近は二枚潮も多いこともあり,こういう一般的には重すぎると思われるセッティングで魚がかかってきいます.100mで500gとか600gとかそういう世界のジギングです.
10kg,20kg,30kgあるいはそれ以上とった大きさの魚を狙っていますから,そういう魚にとっては1kgぐらいまでのジグは大した大きさではないと思っています.
泳がせではそれより遥かに大きな30cm以上あるムロアジやイカをエサにすることもあるからです.

あくまでこれは仮説であり,まだまだ実験的検証結果は少ないですが,少なくとも糸が太いせいで他に乗船している細い糸の人より魚が掛からないということは感じていません.あくまで大型の魚,カンパチ・マハタ・ハタ類を狙ってる時の話ですが.

実際,この前のクエ25kgでもPE4号で掛けることが出来ましたジグは600gです.水深あは100m前後.先日の室戸沖では周りの方よりラインは私が太かったと思いますが,雑魚が掛かる頻度はそれほど差がなかったように思います.使ってたジグは700g〜850gです.それでもジグと同じ大きさや少し大きいぐらいのアカイサキなど掛かってきます.

細い糸で釣るのはもっと年を取ってから体力的にキツくなってきてからやろうかなと思っています.そうするとずーっとジギングを楽しんでいけるのかなぁと思ってます.まだまだ糸を細くすること以上にあることがあると思ってます.

今日はそんな感じの話を書いてみました.

※ただし,掛けたいドラグ値以上に無駄に強い太い糸を使う必要も無いと思ってますよ.