2015年10月3日土曜日

ランドラゴ120Fはパクリルアー?

さて,エクリプスから,ランドラゴ120Fというルアーが発売されています.

こちら
http://eclipse-fishing.jp/page2/landrago120f/

開発者は「岡崎好伸」氏.
昨日紹介した,究極のリバーシーバスで魚を釣っていたアングラーです.

その岡崎氏が「プロデュース」したのがランドラゴ120Fです.



開発秘話というのが公開されていました.

ランドラゴ開発秘話①
ランドラゴ開発秘話②
ランドラゴ開発秘話③
ランドラゴ開発秘話④

BMCやLDSのことには全く触れられていなく,あたかも自分がオリジナルであるような書きぶりに私には伝わりました.

ただ,岡崎氏のブログでBMCに関するコメントにはちゃんと答えていて,
BMCとの違いは立ち上がりとアクションらしいです.

が,動画を見た限り,ほぼ同じです.マグネット重心移動まで同じですからね・・・.
立ち上がりうんぬんいうのであれば固定重心にすればよかったのでは?

BMCに関してのやりとりは↓の記事で.
http://www.fimosw.com/u/land1885/i3whncdzte26os

上記記事から引用.

岡崎氏曰く,
”BMCとの違いは立ち上がりとアクション、流れに入った時のフラつき、後は飛距離ですね!
BMCも優秀なルアーなんで、ポイントによって使い分ける必要がありますね!”

”どういったシチュエーションでBMCを使用していたかにもよりますが、今回のランドラゴ120Fは立ち上がり、アキュラシー、飛距離、レンジ、アクションはシーバスのフィーディングゾーンに流し込んで真の威力を発揮できるようにセッティングしてあります。
広範囲を探るサーチベイト的な使い方には向いていませんね。
その分、喰わせの戦闘力をあげてます!”

すごく曖昧な答えにしか見えません.

値段も高いですね・・・LDSは少量生産なので,結構高かったですがBMCは1500円ぐらいでしたよ.定価.ランドラゴは2200円.足元見られている気が・・・・.

紹介動画もありました.

もう少しオリジナティや拘ったポイントなどを分かるように説明して欲しいですね.
最近,魂のこもったちょっと使いたいな?と思う新しいルアーが出なくなってきたなぁという気がしています.

タンドラゴ120Fがパクリルアーか否かの判断は皆さんに任せたいと思います.
とりあえず,昨日の記事も読んでもらえると嬉しいです.

リバーシーバスを有名にした名作ルアー
http://kimamanitsuri.blogspot.jp/2015/10/blog-post_45.html

でわ.

---スポンサーリンク---




---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿