2015年10月27日火曜日

長島海峡で鯛ラバ・スロージギング

さて,この前の土曜日の話です.

この日は長島と天草の間の長島海峡へ鯛ラバへ行って来ました!
私にしては,珍しい釣りかと思いますが,ひょんなことから知り合った方に誘っていただけたのでした.

そもそも,長島海峡ってどこ?

という人のために,説明しておきますと,

地図で言うとこの辺りです.
長島と天草の間.

ちなみに長島と九州本土の海峡は「黒之瀬戸」といいます.

海峡なので,ものすごく潮の流れが早いです!!
川のような激流です.

ここを見ていると,長崎県の大瀬戸を思い出しますね〜.

天文館でピックアップして,高速使ってまずは川内へ!
と思ったら・・・工事中?鹿児島〜市来が通行止めになっていました.
焦りました.(時間的に余裕をもって出ていたので,大丈夫でしたが)

で,到着すると,小さい船が待っていました.
ヤマハDYの26フィートか27フィートぐらい.
こういう小舟の釣りもいいなぁと思いつつ,出船.

ポイントは目と鼻の先です(笑.
ロケーションは結構良いですね!

 
この日はまったり気分で来たので,ガチガチにタックルも用意せず,予備タックルまで含めて4本乗せますが,予備タックルの出番はありませんでした.

 天草富士.

ポイントにつくまでに仕掛けを準備.
一応,鯛ラバメインとのことだったので鯛ラバを結びました.
水深はMAXで70mぐらいとのことでしたが,流れが早いことも考慮して90g.
既に多数の船が出船していました.
ここは流れが早いこともあって,パラシュートではなく,全ての船がスパンカー装備で流し釣りです.

とりあえず,肩慣らしの1流し目から,アタリ!!!
で,キロぐらいのちょうどいいサイズが釣れました.


これは,結構いけるのでは?と思ったんですが,後が続かず.

数流し後,アタリ!からの,ちょっとサイズアップ!
という感じでそうそうに真鯛はお腹いっぱい状態に・・・.
普段,カヤックでもよくやってますからねぇ〜.

で,驚いた?というかこの長島海峡のご当地なのでしょうが,エビラバ(鯛ラバの針にエビを付ける)が主流のようです.
以前,どこかの動画でも見ましたエビラバ.
(当然,私の釣果はすべてエビ無しです!!(笑))

このエビラバ,邪道感が半端無いので私は嫌いです.
エビで釣るなら一つテンヤでやりたいですね.ラインは0.4〜0.6号テンヤは8号〜重くても10号とか.
もちろんスピニング,でロングロッド.

軽いテンヤでもちゃんとやれば60m,70mでも底は取れます.

細仕掛けですが,ものすごくセンシティブな面白い釣りですよ.・・・ってテンヤもっていったらよかったなぁとこの記事を書いていて思いました・・・・.

で,私ではないですが,良型のキジハタをゲットされていたので,私はジグで狙ってみることにしました.

数流しして,ヒット.
小さいながら・・・キジハタです.
船長がジグで釣ったことに驚いていました.たぶんエサ釣りをメインにされるんでしょうね.
その後も少しサイズアップしたキジハタをジグで釣りました.
あと一本,少しマシなサイズのキジハタを上げました.

だんだん潮がたるんでいくに連れて,鯛の活性が落ち,まったく当たらなくなったと思えば,小さいアラカブが入れ食いに・・・.あまりに小さいので逃したいのですが,70mからあげてきたアラカブはリリーサーなしではリリース不可能・・・.
いやー.150gとか200gとかのジグを使っているのに15cmにも満たないようなアラカブが掛かるんです・・・.
ちょっと可哀想になりました.

なので再び鯛ラバにチェンジ!しましたが,サイズが伸びず手のひら+尻尾を追加・・・.

という感じで,昼には沖上がりです.


初場所!ということで,相当楽しめたのですが,不満なことも幾つかありました.
私は毒舌(笑)なので,正直に書きます.

・船の流しが単調すぎる
同じポイントをひたすら5時間流し返すだけ・・・・.
潮が止まりかけてもなんのアクションもない・・・・.
まぁ,時間も半日なので,こういうもんかもしれませんがそんなに起伏もない,69m〜70mの水深をひたすら流すだけ.
すこ~しだけスジは変えますが,基本はずっとです.
まぁ,あまりいいことではないとは思います.
でもずっと同じこところをを流してくれるので,同じ場所であれもこれもそれもと色々な釣りが試せて,どれに反応がいいかなぁなどまた違った楽しみ方もできました.

・船の潮立てがイマイチ
海峡は全層潮が動く時もありますが,刻一刻と流れは変化し,そのたびに船の立て方を変える必要があると思っています.
プライベートボートで海峡に行くときは結構気を使います.
が・・・.あまりまじめに船を立ててもらえませんでした.
いや,鯛ラバなので,完全にバーティカルにする必要はないのですが,攻めて流す方向と平衡にラインがなるようには立てて欲しかったですね.船底にラインが入って行くと,やりにくいし,お祭りも増えます.実際,お祭りも結構多かった.

・料金が高い&定まっていない!?!?
半日(5時間)で9000円取られました.事前の話では7千円とか8千円とか言われていましたが,料金が定まっていないのでしょうか?錦江湾の湾内ボートより走ってる距離は短いと思います.湾内でも5000円〜6000円だよなぁと.
エビのエサ代でしょうか?(生きエビなのでそこそこ値はすると思いますが・・・・私は1匹も使ってないんだからまけてもいいんじゃないの?と思いました)

・ルアー釣りに明るくない船長
これは何処に行っても居ると思いますが,釣りに関して,知らなすぎる船長というのもどうなのかなぁと.

という感じでしょうか.
もちろん,長島海峡の遊漁船すべてがこういう感じではないとは思うのですが,微塵もプロフェッショナルを感じませんでした・・・.こっちは真剣に釣りしているんだから真剣にやって欲しいですよ.
初めてだから楽しめましたが,同じ船では二度と行かないと思います・・・.

自分の釣果:真鯛×3,キジハタ×3,アラカブ×多数
写真は人に何匹か差し上げた後です・・・すみません.

タックルデータ:
 ・TENRYU HORIZON SL HSL66B-ML
 OCEA CONQUEST 301HG + PE:1.2号
 ・シャウト! アンサーシャフト
 OCEA CONQUEST 201HG + PE:1.5号

ジグ:150g〜200g
鯛ラバ:90g,75g

ヒットジグ:
ディープライナー スパイ5 150g(キジハタ,アラカブ) 

ヒット鯛ラバ:
シャウト! アンサーヘッド 90g+自作スカート+自作アシスト(サーベルポイント)

---スポンサーリンク---




---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿