2014年12月19日金曜日

カヤック パラシュートアンカーの重要性

※これはあくまでジギング,鯛ラバの話でキャスティングはパラアンカーなしでも良いと思います※

ジギングや鯛ラバを少しディープでやる場合,特にジギングではなるべくバーティカルに落としたいですよね?ナナメ引きこそ至高という人もいらっしゃるかもしれませんが,ナナメ引きしかできない状況とナナメ引き「も」出来る状況とでは後者のほうが良いと思います.

まず,バーティカルに落とすには?
潮が上下全く同一の速さで流れていると仮定して(そんなことはあまりありませんが),船と潮がまったく同調して移動していき,ジグもこれと全く同調すればバーティカルに落ちます.
色々な諸問題で難しいのですが,とにかく,一番の大敵は「風」です.
カヤックは特に風に弱く,私が載っている10fそこそこでわりと幅広な艇だと風速5mも吹けばかなりの速さで流され,あっという間にラインはナナメになります.

ではどうしたらよいか?
風に対する抵抗をあげてあげればOKなわけです.ということでパラシュートアンカー(シーアンカー)を使います.

詳しくはwebで(笑.
いや,私がいちいち説明するより早いかなとおいまして.

こちら

でわ.


また週末微妙に荒れてて出られなさそうです・・・.
うーん.どうしよう?

---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿