2014年10月9日木曜日

ドラグ設定について:シーバス編

ちょっとドラグ設定について書いてみようと思います.

ルアー釣りというルアー釣りはほとんどやっていると思います.
あんまりやってないのはオフショアのキャスティングぐらいです.
知り合いのプライベートボートでちょっとやるぐらい.
本格的なキャスティング船には乗ったことありません.

まずは,一番歴の長い,シーバス編.

港湾〜河川でメインに使ってるのは9フィート6インチのMクラスロッド.
概ね〜35gぐらいまで投げられるちょっとだけ硬めのロッドです.

これにシマノのC3000クラスを合わせています.

これを前提に話をすると,かけているドラグ設定は基本的に900g〜1.2kgを軸にシマノでノーマルドラグノブ半回転の出し入れ.
これをみなさんはどう捉えるでしょうか?

あんまかけてないね?
そんなもんちゃう?
かけすぎやろ!

色々あるかと思います.
これがどれぐらいのドラグ値なのか?
例を出すと,(場所ややりとりのやり方にもよると思いますが,)
60cmのシーバスでは基本的に1mmも出ません.
70cmのシーバスでは走られてチリっと言うくらい.
ランカーサイズでも走られて1mです.
なんの問題もありません.

基本的な自分のスタイルは柔よく剛を制する感じのスタイルがメインですが,これはあくまでランカークラスや流れの強い場所で魚をかけたときの話.
70cmぐらいまでなら割と強引に寄せます.

ドラグというのは基本的に針ハズレを防止するために負荷をかけ続ける機能,ラインブレイクを防ぐ機能,ロッド破損を防ぐ機能と理解しています.
かければいいってもんじゃないです.

たまに,男ならドラグガチ締めで,ドラグ1mmでも出したら負けだろみたいな人が居ますが,何と戦ってるのかがわかりません.あくまで,自分のスタイルに合わせたドラグ設定で望むべきだと思います.
他にも4kgドラグが止まらずにラインブレイクしたよ!とかいう人がいるんですが,ちょっと触らせてもらっていいですか?といってドラグチェックすると,全然ドラグかかってない人よく居ます.
自分の感覚と実際のドラグ値ってかなり開きがある人が多いので,まずは測ってみることからはじめましょう!おもりを吊るしてもいいし,BOUZのドラグチェッカーもいいでしょう.
ガチガチでやりたいって人でもシーバスなら2.5kgまでにしときましょう.

ジャンプライズの井上友樹さんがドラグについて記事を書かれているので参考にして下さい.
私みたいなどこぞの馬の骨とも分からない人がいうよりは説得力あるかなと.
http://ameblo.jp/yuki590204/entry-11689857660.html

※一応言っておきますが,信者とかではないです.むしろアンチよりだと思いますが,この方の作るルアーとか考え方は共感するところも多いです.もちろん違う意見のところも多々あります.※



---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿