2014年10月5日日曜日

13ステラSW8000HG スーパーロングハンドル化 (10000,14000もOK)

どうも.
釣りネタもないので,プチネタ投稿します.

13ステラSWの8000番,10000番,14000番のスーパーロングハンドル化です.

その前に能書きですが,08ステラSWから13ステラSWにモデルチェンジするにあたって,色々変わったところはありますが,その一つがノーマルハンドル長.
08に比べて13ではそれぞれのモデルで5mmの延長がなされています.
ここで,5mm??大して変わんねーじゃん!と思う人もいると思いますが,はっきりいって全然!違います.別世界とまでは言わないまでも,かなり巻きは軽くなります.
13はパワーあるよね−と言う人が結構居ますが,そのパワーに一番貢献してるのがハンドルのロング化です!

で,8000,10000,14000のラインナップなんですが,スプール径が違うだけで,ボディは共通.スプールは互換性があるので,かなり幅広い釣り(ちょっと大物ジギング〜GTキャスティング,マグロなどなど)に使用でき,オフショア,ショア限らず,大物釣りに挑戦される方のファーストリールとしては非常に魅力的です.
私もHGとPGを一台ずつ持ってます.

で,本題のハンドル
メーカーHPで見落としがちなのがハンドル長です.
ステラSWのHPはこちら
http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/3168

で,8000番を確認してもらうと,75mmとなっています.

社外ハンドルも含めて,記述すると
純正
13ステラSW 8000 ノーマル:75mm
08ステラSW 8000 ノーマル:70mm
社外
STUDIO OCEAN MARK NO LIMITS 08SW10000/8000:78mm
STUDIO OCEAN MARK NO LIMITS 08SW10000/8000VⅡ:83mm

という感じで,ポン付け可能製品で一番ロングなのはSOMの83mmです.

んじゃ,これが一番ロングなの?って話ですが,違います.
もういちど,ステラSWのHPを見て下さい.一つ上の番手の18000番シリーズ.
13ステラSWでノーマルハンドル長が85mm!これは長い.
が,ハンドル互換表を見てみます.
http://fishing.shimano.co.jp/product/s/reel/handle_compatible.html#link_13_stella_sw

どうやらメーカー公式では互換はないようですね.

しかし,ハンドル軸の交換で85mmハンドルが付きます.

ということで,やっていきましょう.
完全に交換する場合はハンドルだけ頼んで貰えばOKなんですが,交換時の煩雑さを軽減するため,私はハンドル軸まで注文してます.スカートまで注文すれば完璧なんですが,いかんせんこのスカートが高い...5000円...え.
ハンドルだけなら7000円です.

で,用意.




今,ついてるのはノーマルハンドル.うつってるハンドルが18000のハンドルで,ハンドル軸は8000のもの,あとは軸固定用のネジです.
手順としては18000ハンドルに8000の軸をネジで固定.
8000ハンドルからスカート(ツバ)をはずして,新しいハンドルに移植.
あとはノブを移植して終わりです.
ちなみに,比較.

手前が18000HGハンドル+8000ハンドル軸,奥がノーマル8000HGハンドルです.
手前が長いのがよくわかると思います.

完成図.


手前においてあるのが8000ノーマルハンドルです.

最後に注意!
SHIMANO非公式のプチチューニングです.
巻きはかなり軽くなります!(それでもノーマルハンドルのPGよりは軽くないですけどね..)14000XGは持ってないので,わかりませんが,ギア比が高くなるほど効果が現れると思います(実際,PGにつけるよりHGに付けたほうが体感効果は大きい!).ただ,XGの金ピカロングがないので,銀かブラックになっちゃいますけどね.

あと,無理やり巻けてしまう分,ギアの消耗は早くなることが予想されます.
でも,ノーマルPGはロングハンドルHGよりゴリゴリ巻けるんで,実際あんま変わんねーのかなぁとかも思います.
一応,自己責任でお願いします!

最後に,SOMには18000クラスに付けられる88mmハンドルってのが存在するんですが,こちらを同様のプチ改造でロング化できるかは不明です.

13ステラSWの8000ボディ(8000HG,8000PG,10000PG,14000XG)のパワーをもっとアップさせたい!という人は試してみてください.

でわ.

---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿