2014年10月1日水曜日

おすすめ!自作鯛ラバフック

まぁ,オススメといっても,定番ばかりですが,,,

鯛ラバにおいて重要なのは巻きのスピードや鯛ラバ本体というのは大前提として,それと同じぐらい重要なのがフックです!

ということで,メインで使ってるフックの紹介です.
といってもメジャーすぎるのですが.




左からがまかつ一刀チヌ,サーベルポイント.
あとはダイワの紅牙フック.がまかつワラサ王,真鯛王です.

永遠のメインは一刀チヌ!
なんせ安い!

基本的に鯛ラバは1匹いいサイズを釣ったらフック交換!というぐらいフックにはシビアになったほうがよいです.そういったこともあって安いは正義!

で,サーベルポイント.
これは一刀チヌのゲイブをそのままにちょっとだけフトコロを太軸にしてあるハリです.
が,ちょっと値段が高くなる.刺さり具合は一刀チヌと同様抜群.強度も一刀チヌよりあるってことで,ちょっと大型が期待できるとき,食いがいい時はこっちですね.

ちなみに一刀チヌの5号がサーベルポイントのサイズS,6号がMとなっております.Lサイズは一刀チヌにはないサイズですね.

あとは紅牙フック!針先が他のハリより鋭利になっているような表記がメーカーHPにありますが,一刀チヌと大差ないレベルです.ただ,かなりの太軸なので,大型の根魚混じりでドラグが出せない時などはコレです.

あとの3つはかなり太軸なので,根魚メインのときに使っています.

で,鯛ラバにおいて,個人的にかなり重要と思っているのはフックの重さです.
鯛ラバは釣り方が簡単な分(落として巻くだけ),仕掛けはかなり繊細です.
一刀チヌの5番をつけて爆釣してるのに,鯛ラバは全く同じでサーベルポイントのLにすると全く当たらない.なんてことはよくあります.
基本的にはハリは小さいほど食いが良いと体感してます.

周りは釣れてるけど,自分はあんまり,,,ってときは巻き方や鯛ラバのカラーも重要なファクターですが,ハリの大きさというのも考えてみて良いと思います.

でわ.

---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿