2015年10月11日日曜日

カヤックで鯛ラバ 10kgオーバー!!

どうもです.

やっと釣りに行けました・・・.
長かったような短かったような.
釣りに行かないとストレス発散もできず,私は死んでしまうのではないかと思います.
かといって,釣りだけ行っててもダメになってしまいそうな気もします.

とりあえず,タイトルには鯛ラバと付けたんですが・・・.
鯛ラバはおまけのつもりで釣行してきました.

土曜日(昨日)の話です.
この日はカヤックで浮けたら浮くことをだいぶ前から決めていました.

外洋行きたいけど,大なり小なりうねりが入るからやめておこうと思いつつも,やっぱり外洋行きたい!
けど行くのは馬鹿・・・ということでTwitterにそのことを投稿して外洋に行きたい自分へ必死にブレーキかけました.
結果ちゃんと錦江湾内で浮けました(笑.

いつもの場所を打って,少しディープ開拓をする予定だったのですが,行きのフェリーにて,
「そんな安全牌みたいな釣りして楽しいか?」
と思い何故か一発大物を狙うことに・・・・.
とはいってもそんな狙って釣れるわけではないので,基本は少し深場で釣りをするということぐらいです.

だいたい,今の時期だと,〜40mぐらいまでにチャリコ〜そこそこの鯛,ハガツオ,ヤズ,ネリゴあたりがイワシなんぞを追っかけて差してきているはずなのですが,今回狙いはそれより深場です.一番浅いところで50m,一番深いところは120mまで.

とはいえ,今回浮く場所はまだ2回目なので・・・・釣れる釣れないはなんとも言えません.

とりあえず,朝一は風が残る予報だったので,余裕を持って10時半過ぎに出艇!
もう既に湾内は鏡のようなベタ凪でした!!!

たぶん夜明けからでも出られたけど,そこは安全策ということで.
ちょっとモヤってましたので調度良かったかも.

これなら外洋も行けたんじゃ?と思いましたが,外洋をプレジャーボートで釣りされている方のブログを拝見するとはやりうねりは残っていたようです.やっぱり行かなくてよかった!と思いました.地形によってはウネリは高波になります.

今回の出艇場所,あらかたの地形は分かっていますが,もう少し気になるところがあり,まずはそこの海底形状調査へ.

既存の海底地形図と照らし合わせますが,結構違います.
こういうことはよくあります.それでも市販の海底地形図はポイント探しの際に大いに助けてくれます.

まず,瀬の大きさや,ブレイクポイントなどをマーキングします.

ここで・・・・気づく.
全くベイトがおらんやないかい!!!

この瀬にベイトが0とか・・・悲しいです.
多分理由は潮です,潮が0.

風もほぼ無風なのですが,ドテラで流そうとしてもカヤックが歩伏前進以下のスピード・・・.0.2km/hとか.そんなんです.
ノットになおすと0.1ノットですね!!
ありえません・・・・.一応下げ2分〜3分なのですが.
前来た時は結構流れていたんですが.難しいですね.

最後の中潮です,明日は大潮です.潮もそんなに小さくありません.
潮が小さい時のほうが流れるポイントなんでしょうかねえぇ.

とりあえず,何流しかやりますが,さっぱりなので,移動.
ここは有望そうな場所ではあるので,潮代わりしたらもう一度きてみるつもりで後にします.

 桜島もちょっとモヤっています.

次も一応,初場所.地形は面白いけど・・・相当ピンポイントでベイトがすこ~しだけ溜まっています.10m四方ぐらいでしょうか・・・.
風も流れもないので,ピンポイントで打てるのですが,全く当たらず!
ベイトはあんまり動いてなかったので,釣りやすかったですけどね〜.

再度移動.

一番浅いポイント.
ボトムではなく,中層にちょっと魚影が映ったので,中層で早巻きからのフォールで何か当たってきましたが,乗らず.

その後,ネチネチボトムをやっていると・・・・小さいアタリ!!!!

が・・・僅かに重くなるだけ・・・.
正体はコイツ.
まぁ,でもこいつのアタリもちゃんと取られられてると思えば,ある意味ロッドのベンチマークテストになってよいです.
などど,非常にポジティブに考えてみます.

っと,このあたりで,何やらフェリーが見えますね.
あれ?桜島クルーズ船ってこっちに回るんだっけ?
と思ったら桜島クルーズ船ではなく,

「錦江湾魅力再発見クルーズ2015」というやつらしいです.

正直,いい迷惑なのですが,仕方ありません.
さすがにぶつからないと思いますが,航路も完全に予測できないので,大きく回避行動を取ります.
再発見クルーズはこちらから.
http://www.city.kagoshima.lg.jp/sakurajima-ferry/cruise/kinkowan.html
要予約?みたいです.
ふむ.土曜に出艇するときは気をつけなさいということですね.

ここまで,釣り方は,スピニングの比較的速い釣り,ベイトの落とす釣り,鯛ラバを3:4:3
ぐらいでやってます.

わずかでもベイトを発見したらスピニングを入れる(上げの釣り).ベイトがついてない瀬を発見したらベイトリール(フォールの釣り)を入れる.みたいな感じですね.

とりあえず,再発見クルーズが帰るまでは航路も分からず怖いので,浅場で暇つぶし・・・.
1時間ちょっと釣りもせず,走り回って地形収集.その結果大した成果は得られず・・・.小さな根が見つかりにくいところというのは分かっていたのですが,ここまで無いとは・・・.実際,一つも小さい根を見つけることが出来ず.
ま,これも実力と読みですかねぇ.精進せねば!

で,時間も経って,遠目に クルーズ船.過ぎ去ってからラストスパートです!
ちょうど,最干潮から潮も動き出す時間.

空も晴れてきた.

最初と逆周りで目ぼしいポイントをランガン・・・・.
全然反応上がってないし,むしろ悪くなってる・・・.

結局,今日最初に入ったポイントへ(最後のポイント)
今日一の反応!!!!
でも,青物っぽくない・・・.ということで,普通はスピニングから入れるんですが,ここでは敢えて鯛ラバから入れました.

その1流し目.
前アタリ・・・ぴくん....前アタリ・・・・ぴくん!!!!
前アタリ・・・・からの乗りそこね!!!
さらにマキマキマキ・・・・.
あー,あわせちゃったし,ついてこなかったかな?
久しぶりの鯛ラバなので,積極的に合わせてしまっています.
もう少しちゃんと乗ってから合わせたほうがいいよなぁ.
と思いつつ クラッチオフ・・・・.

ちょっと落ちたところで,フォール中バイト・・・・
と気づいたのですが,合わせそこなったので,合わせるタイミングを見計らって,ハンドル回してフッキング!!!!

乗りました!
今日唯一のまともなアタリをものにした感じで嬉しいのもつかの間,意外と魚がデカイ.

鯛ラバでちょっと小さめのフックを使っていることを考慮し,少しドラグをゆるめ,なるべく一定のテンションで巻いてきます.
ドラグを出すときは出してあげて,巻ける時にゆっくりテンション一定で巻く.
それだけです.
結構首を振るので,5〜6kgぐらいのヤズかな?と思いましたが,前あたりは鯛だったのとそれほど走らないので内心は真鯛だと思ってます.もし鯛なら5〜7kgぐらいかなぁ・・・と思いながらやり取り.

見えたのは鯛!!!!

イイ鯛!!

が・・・・思ったよりデカイ!!!

あまりのデカさに「ちょちょちょ,デカすぎ,デカすぎ,はっはー」
としか言えず・・・・.アホの子みたいになってました.
想定の2倍ぐらいの重さ!!!久しぶりにしびれました.

なんとか殺しを入れて,血抜きして,上げたのがこちら!大きさが分かりにくいですが,デカイです.

真鯛.10kgオーバー(血抜き後,陸上計測10.5kg)
又長:87cm 全長97cm
(尻尾伸ばせばメーターオーバーですけどそんなことはしません)

10kgオーバーの鯛は初めて釣りました.これまでの最高は8kgちょい欠け止まり.

これがカヤックで釣れたことが満足でした!
まだまだ反応はあったのですが,もうこれ以上どうすることも出来ず.
鯛を引っ張って,ちょっと早めの沖あがりでした.

来週一週間は鯛しか食えないかもしれません・・・・.

そしてなんと,これ,ヒットから取り込みまでの一部始終を動画に収めることに成功しました.この日は反応があったらカメラ回して落としていたので,それがよかったです.
ということで,動画は近々別に公開したいと思います.


タックルデータ:
 ・TENRYU HORIZON SL HSL66B-ML
 OCEA CONQUEST 301HG + PE:2.5号
・DAIKO TIDEMARK OCEANICS TMOJS-56/06-3
 STELLA SW 6000HG +PE:3号
 ・シャウト! アンサーシャフト
 OCEA CONQUEST 201HG + PE:1.5号

ジグ:120g〜200g
鯛ラバ:90g

ヒットジグ:シーフロアコントロール スパンキー 120g 
(ヒットジグにしていいのかwかりませんが,あの写真のミニ魚を釣ったジグです)
ヒット鯛ラバ:シャウト! アンサーヘッド 90g+自作スカート+自作アシスト(サーベルポイント)

---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


10 件のコメント:

  1. お久しぶりです!
    いつもブログ更新楽しみにしてます。
    この鯛は規格外の大物ですね。
    10キロオーバーはもはやcrazyな風貌ですね。
    おめでとうございます。

    返信削除
  2. ゴリラーマンさん,ありがとうございます!JGFAの記録でも11キロチョットだったので,結構デカイ鯛が釣れたなあと思います.ほんと久しぶりにしびれましたよ!
    捌くのが大変です・・・.

    返信削除
  3. メモリアルなフィッシュおめでとうございます!カヤックだと取り込んだ後、股の間に乗せて絞めたりするから、こんなサイズの鯛にユムシと勘違いされて股間を噛まれたら大変ですね(;゜0゜)
    錦江湾記録の可能性ありますね。

    返信削除
  4. ゴリラーマンさん,それはやばいですね(笑.でも上げるのも怖かったので,締めてからカヤックには上げてますよ〜.
    青物とかの場合は難しそうですが・・・.その場合は血抜きを先にやって弱らせてから上げると思います.
    錦江湾記録ではないと思いますよ(笑.非公式ですが鹿児島では12kgまではあがったのを聞いたことがあります!

    返信削除
  5. いや~、でっかいタイですね!
    すごいです!
    錦江湾もあなどれませんね…
    しかし、テクニックもさることながら、いつもアカデミックな分析での釣りに感心してます。
    見習いたいです。

    返信削除
    返信
    1. おたけさん,コメントありがとうございます!
      湾内にも10kgオーバーはいるんだなぁと思いました.
      確かにハタもチャイロマルハタの10kgオーバーとかも上がったりしていますし,最大水深206mは何が居るか分かりませんね〜.
      しかしながら,釣れたのはたまたまですよ(笑.運が良かったんだと思います.アカデミックというより,根拠の薄い妄想ばかりです.これからも精進したいと思います.

      削除
  6. 初めまして、同じく鹿児島でKFを楽しんでいる者です。
    10kを超える真鯛、素晴らしいサイズですね!
    そのくらいになると魚体も何か神々しく見えます。
    自分もいつか10kオーバー・・釣ってみたい!!
    動画も楽しみにしてます(^^)/

    返信削除
    返信
    1. シーバさん,コメントありがとうございます!シーバさんのブログもいつも楽しみに拝見させていただいております.デコッパチのごっつい鯛でした.シーバさんにも幸多きこと願っております.動画は既にYoutubeの方にはアップロード済みなのですが,そのうちブログでも紹介したいと思います!

      削除
  7. 自己ベストおめでとうございます!10kgオーバーの鯛なんて中々お目にかかれないですよね。何年くらい生きていたんでしょうね~。
    昨夜、新商品でも出てないかな~とシャウトのHPを徘徊してたら45さんのレポを発見しました。投稿されていたんですね(笑)

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん,どうもありがとうございます.Twitterにてシャウトのユーザーフォトへ投稿したことはツイートしてました・・・.レポート内に名前は入れてなかったんですが,45として紹介されてしまいました・・・.売名するというよりはシャウトは比較的好きなメーカーなので,少しでも消費者の購買意欲UPになったらなと思って(笑.本当はステイでカンパチの30kgオーバーを仕留めたら(いつになるのやら・・・ですが)投稿するつもりにしていたのですが,予想外のモノで投稿してしまいました.
      鯛はたぶん20年近く生きたんだと思います.もうおじいちゃんですね〜.

      削除