2015年2月25日水曜日

13 ステラSW 8000 10000 14000 巻き取り量 簡易換算表

ステラSWの8000ボディにはスプール3種類が装着可能!
というのは皆さん周知の事実だと思います.

ラインナップは
8000HG 8000PG
10000PG
14000XG

だけですが,替えスプールを買ったり,スプールを入れ替えて8000XGや10000HGなどにすることが出来ます.

で,肝心?なのは,最大巻き取り量が変わります.
個人的には最大巻き取り量はハンドル一回転で1mぐらいがよいです.
この辺りは個人によって変わると思います.ジギングで使うならシャクリ幅と勢いのバランスですね.

また,スプールからラインがでた状態だと,最外周径が細くなっているので,巻き取り量は短くなります.どれぐらいラインがでたらどれぐらいの巻取り量になるか?ということも数値として知っておくと色々組み立てができます.ま,このへんは追々で.

とりあえず,適当に算出した最大巻き取り量を載せておきます.
一部は公式HPママです.計算は適当なのでプラスマイナス1cmは誤差で考えて下さい.

では.

8000スプール
PG:94cm
HG:107cm
XG:118.5cm

10000スプール
PG:102cm
HG:116cm
XG:128cm

14000スプール
PG:106cm
HG:121cm
XG:134cm

と,おおよそこんな感じです.

私がメインで使用しているのは8000HGと14000PGですが,表を見てもらえば分かりますが,おおよそ巻き取り量が同じです.
ラインの放出に伴うスプール実径の変化は8000スプールより14000スプールのほうが緩やかなので,ラインが出た状態だとほとんど巻き取り量が変わらなくなります.

と,まぁ,しょぼい記事ですが,今日はこの辺で.

でわ!

---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿