2015年11月9日月曜日

LOWRANCE魚探の使い方!〜導入編〜

どうもです.
LOWRANCEの使い方を紹介していこうと思いましたが,なんせ文章で説明するのはめんどくさい!というかそれなら取扱説明書でいいじゃん!

って感じなので動画で行こうかなと!!

いうことで魚探についてちょっと詳しくなりたいという人は動画をご覧ください.
なかなかのたどたどしさで申し訳ないです.


最初なので導入編として.
軽く説明しています.

こちらのブログのコメント欄でもよいので,もっとこういうところが説明して欲しい!というところがあれば匿名でもよいのでコメントよろしくお願いします.

私の魚探はLOWRANCEのElite-4 HDIというエントリー向けのGPSプロッター+魚探のモデルです.もうあんまり売ってないかもしれません.一部取り扱っている店舗はあるとおもいますが.
最新モデルはElite-4 CHIRPという私のモデルよりパワーアップしたものになります.
基本的な機能は変わらず,魚探部分がパワーアップしてより詳細に詳しく映るようになったものと思ってもらえればいいと思います.

なので,基本的な使い方は変わりません.

一応簡単にスペックだけ書いておきます.

仕様
●ディスプレイ
・サイズ:4.3インチ:対角109mm 480×272ドット
・16ビット 耐寒耐熱TFT液晶、白色LEDバックライト
・3画面分割表示 可能
●出力83/200Khz 250W到達深度229m、455/800Khz 写真画質モード到達深度91m
●GPS 機能 MSAS 対応16チャネルGPS ★(高感度アンテナ内蔵)3000ウェイポイント 100ルート10000プロット
●振動子(トランスジューサー):水温センサー内蔵スキマー型4周波振動子
  (周波数 83/200Khz、ダウンスキャン455/800Khz)
●到達深度 229m( 83/200Khz)、91m(455/800Khz)
●深度表示 ft、m 切替可
●温度表示 F、℃ 切替可
●日本語メニュー表示
●完全防水浮沈構造
●設定メモリー:設定した各種機能や単位を10年間保持
●カードスロット:マイクロSDカード
●電源 :直流12V(10-17V) 1.1A
●本体サイズ(mm): 96×164×112 (W×H×D)
●水温センサー付きHDI専用振動子付き
●日本語取扱説明書付属

---スポンサーリンク---

---スポンサーリンク---


2 件のコメント:

  1. 初めまして、サバンナと申します^ ^
    いつもブログを見させてもらっています!

    ローランスの魚探についてなんですが、GPSが付いたモデルであれば、自作海図が作成できると聞いた事があるのですが、そういった情報を教えていただければ有難いです^ ^

    返信削除
    返信
    1. サバンナさん,
      返信が遅くなってすみません!長期出張していました・・・.
      ロランスの魚探は自作海図というかソナーログを使った海底地形図が作ることが出来ます.
      別売りのソフトを使うか,サイトの登録が必要です.
      軽く触れる記事は書いていますが,詳しくは書いていません.
      http://kimamanitsuri.blogspot.jp/2015/10/blog-post_23.html
      http://kimamanitsuri.blogspot.jp/2015/04/lowrance.html
      機会を見て詳しく書いてみますね!リクエストありがとうございます.

      削除