2017年1月20日金曜日

ドカット カスタム 3連ロッドホルダー ワンタッチ取り外し式!

どうもです.

今日はドカットカスタムのなかでもロッドホルダーの話を書きたいと思います.
ドカットの良いところは,
・頑丈!
・頑丈!
・頑丈!
・余計なものが付いていないので自由にカスタムできる.

という感じだと思います.
つまり,工夫次第で使いやすくもなったりするということ.

これはアイディアが試されます.
とはいえ,カスタム用のアイテムもかなり充実してきている印象です.

こんなの出てたんだ?と思った例としてはドカットのワンタッチレールシステム.

こんな感じのブツです.
加工なしでドカットにレールがつけられ,そのレールを利用して色々とカスタムパーツをつけるというもの.

釣具屋に売っていて,ほう!と思った感じです.

とまぁ,販促はこれぐらいにしておいて,今回はロッドホルダーの話.

私が,今まで使ってきたドカットには1つだけロッドホルダーをつけていました.
それがこれ.

第一精工のロッドラックをネジで固定するというもの.
とりあえずつけたって感じで,取り外しもできません.
幸いなことにこのロッドラックは結構柔らかいので,何かに当たっても破損することなどはなく,ぐにゃっと曲がってくれるそういうところは良いのですが,個人的にはもっと数がほしい.

数がほしいが,あんまりつけすぎてごちゃごちゃするのも嫌だし,破損しやすいのも嫌.
ということで,拡張性をもたせた取り外し式で検討することにしました.

個人的にはカヤックの艤装に使っているスコッティーのマウントシステム.
これが何か役に立たないかなぁと思っていました.

こういうマウンタに,ロッドホルダーやらエクステンションバーやら色々と挿せるので,ワンタッチ取り外しで色々と拡張性をもたせることが出来ます.
※リンク先は値段がおかしいです.



こんな感じのものを取り付け出来ます.
ほかにもマウンターとかも色々.

この拡張性を手に入れたい!
だがしかし,個人的には難点が.

・値段が高い!!!!←重要です
・スコッティの241マウンタだとちょっと出っ張りすぎ?

と思っており,低頭でなにかいいシステムはないかなぁと思っておりました.
無いなら何か自作しようかなと.

色々と物色していると,ぴったりなものが!
BMOの3連ロッドホルダーマウントキット.


あ,これだ.と思いました.
しかし,なぜロッドホルダーだけ白にした!?
そのチグハグ感なんとかなりませんか?
と思って,調べると別々にパーツは売ってあることに気づきました.

さらに裏面のベースプレートも(これは無くてもいいですが,見た目とか応力の分散的にあったほうが安全かと.

それぞれ,900円,2000円,540円ほどです.

これと黒の3連ロッドホルダーがあれば完璧だ!
と思って探すと,ヤフオクやAmazonに売ってました.
安いものだと2000円ぐらいですね.

ということで,これらを購入!
マウンタとベースプレート


ロッドホルダークランプ



ロッドホルダー

あと追加ですが,ホームセンターで物色してM6の20mmのステンレス六角ボルト,バネワッシャー,袋ナットすべてステン.を購入しました.

で,早速取り付けですが,目立たず,邪魔にならなそうな取っ手の下に取り付けます.



穴を開けて,M6です.

マウントを取り付け.

M6の20mmでコレぐらい後ろ出ます.

ベースプレートを取り付け後,緩み防止のバネワッシャーを入れて,袋ナットでジャストフィットです.
ベースプレートを使用しない場合は20mmより少し短めのボルトにするとOKとおもいます.ま,袋ナットにする意味もないのですが,ボルトのエッジで中に入れてるものに傷がつきにくいなどのメリットはあります.
また,少し長いほうがあとからチェーンなど増設できるので,その場合は1本だけ22mmにすることをおすすめします.私は1本22mmにして,フタチェーンを取り付けています.



こちらが完成図!
結構いい感じです.

完成してみた感想としてはマウンタが低頭のため,ホールド感がなく,少しぐらつきます.
が,マウンタに抜け防止のツメがついているため,まず抜けることはありません.

差込部を拡大するとこんな感じです.

少し角度調整もできます.

最後にロッドを立ててみます.

オフショア用のロッドはリアグリップが長いのでどうしてもこんな感じになっちゃいますね.仕方ないです.ドカットにジグなどを入れておけば転倒の心配はないと思います.
これが嫌ならロッドホルダーをもっと情報にマウントする必要があります.そのためにはエクステンションバーなどを追加する必要があります.

試しにアジングロッドを刺してみたら完璧にフィッティングしました.

今回はBMOのマウントをつけてみましたが,拡張性の高さはスコッティーのサイドマウントが上かなと思いました.
BMOも昔はスコッティーと同じタイプのマウンタを売っていたのですが,最近見なくなりました・・・そのかわり今回紹介したBMベースとなっているようです.

ちなみにですが,この3連ロッドホルダーマウントのオス側は少々硬いですが,スコッティーのサイドマウントにも装着できました.
なので,大は小を兼ねる!というかたはスコッティーの241サイドマウントをつけると,色々拡張性がでて面白いと思います.

あと1組3連ロッドホルダー増設キット(同じもの)を購入してあるので,反対側にはスコッティーのマウントをつけようかなぁなどと考えているところです.

このマウンタ,サイドだけでなく,トップにもつけられますし,考え方しだいで使い方は無限大です.

こうしたプチカスタムでドカットを自分の使いやすくカスタムすると,快適に釣りができるようになります.

ということで,今日はドカットに3連ロッドホルダーを増設したという話しでした.

でわ.


---スポンサーリンク---




---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿