2017年7月5日水曜日

GARMIN Echomap CHARP svシリーズ購入!

おや?何やら怪しい箱がアメリカから届きましたよ?
(今日は手抜き更新です.すみません.)

そういえば,GARMINの魚探を導入しようかなぁ?
などと最近記事に書いていましたことを覚えていただいている方はいらっしゃるでしょうか?

いつのまにかGARMINがLowranceを殺しに来ていた件

GARMIN魚探の目的別構成案と予算

で,ボーナスも入ったことだしって話で,奮発して買っちゃいました!!
選んだ魚探は・・・・
Echomap CHARPの92sv(海外仕様)
日本では95svとして売っています.
72svでも良かったんですが,在庫の関係で92svになりました.
ちょっとお値段UPですが,画面が見やすくていいのかなと.
届いてみて思ったのは画面デカすぎでした・・・(汗
500W魚探+ClearVu+SideVu搭載機種になります.
スペックと値段が釣り合わないレベルの機種です・・・・.

ちなみに振動子は
振動子はGT41-TMにしました.
通常魚探は可変周波数ではなくとも個人的には困らないのと,50kHzの深海探査能力に魅力を感じたからです.
GT41−TM振動子は600Wの50kHz/200kHz,500WのCHAEP ClearVu&SideVu:260kHz/455kHzというトンデモてんこ盛り振動子になります.
通常魚探だけechomapの回路ではフルドライブ出来ませんが,十分だと思っています.

前情報では50kHzで水深600mは楽々クリアするという話なので・・・自分が使うには十二分ですね.ClearVuでも260kHzなら230m〜260mぐらいまで映るらしいので,200m下の小さい瀬まで見つけることが出来ます.コレを聞いてヤバイなって思って貰える人は居ると思います.600Wでドライブさせた場合は1000mでも底は取るらしいです・・・恐ろしいですね.

この構成で,国内価格だと21万を超えてくるのですが・・・そこは・・・個人輸入価格ということで◯◯円で収まりました・・・.値段知りたい人はメール等で聞いてください.

500Wっていうと昔の人はそんな出力で大丈夫か?
と思われるかもしれませんが, 昔のアナログ魚探とは違うので十分使える機種になります.アナログ換算で4kW相当ですね・・・.今時アナログ魚探っていうのもなかなか無いので,前前参考にはなりませんが.

まだまだ使いこなせていないので,詳細については控えますが,これから新しい相棒を使いつつ,これまで使用していたLOWRANCEのElite-4とも比較しながら,色々レビューしていけたらいいなと思います.

LOWRANCE売ろうかと思っていたのですが,この魚探があまりにでかすぎるので,ちょっと場所場所で使い分けようかなとも思い始めています・・・.

まずは使ってみてどうか?そこのところ知りたいですよね.
魚を釣ることが目的ではなく,GARMIN魚探を使い倒すためにだけ1日使って熟練度をあげてみたいと思います!

これからはGARMIN魚探の情報を魚探画面も出しながら,バンバン更新していくつもりです!

よろしくお願いします.

---スポンサーリンク---




---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿