2016年2月4日木曜日

【要注意】何を言っても無駄な人

何を言っても無駄な人っていますよね.
ってちょと前にTwitterでグチグチ呟いてしまいました.

ある人は言います.
そんなところに愚痴らないで直接本人に言えよ!と.
ええ,言いましたとも.
言ったとしても今回の記事で紹介するようなデスループに陥るのです.

言えばみんなが分かってくれる!なんて世の中は妄想なのです.

ある程度は人間アイデンティティがありますから,しょうがない部分もあると思うのですが,ドガスギルと厄介です.

なんでこういう人が生まれてくるんだろう?
と考えました.

でも,あまりよい答えが見つかりませんでした.
安易にインターネットに答えを求めることはしたくないのですが,結構的を射た答えが知恵袋にあったのでご紹介します.

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1025212225
こちらから引用


正論や批判が通じない人。何を言っても無駄な人。こういう人格が形成される原因は、何だと思われますか?自分は次のように考えます。
自分のことしか考えない。周りの迷惑を考えずに、自分の本能の赴くままにやりたい放題→批判される→無視する→批判する人も胸糞悪いから無視→だれも注意しなくなる→世間から孤立→友人はできても、その人と同類のレベルの低い、ごく少数の人しか集まらない→そのレベルの人間の常識が、世間の常識という誤っ た感覚に陥る→だから、正論を言われても意味がわからない→そして正論や批判を無視する
という悪循環の図式になっていると思います。要は自己中ね。 

ナルホドーネーと.
ものすごく頷いてしまいます.

特に 批判される→無視する のあたり.

本当にコレなんです.都合が悪いと無視.話題をかえる.
本筋はそこじゃないでしょ?と軌道修正をかけても無駄.無視!!!

いやー,本当に参ります.
論理的に応戦すると無視です.
もっと具体的になどと言っても無視.

なぜ無視するのか?無視できるのか?はわかりません.

そしてその次にこの方がおっしゃるように,誰も注意しなくなるんですよね.
そうすると,自分が間違っていなかったことが証明されたと思って,何も言われないこと=自分は間違っていない.という謎の方程式が出来上がるのです.

そのデススパイラルの先に,”正論を言われても分からない”
こういう人格ができあがるのでしょう.

うーん.それでもやっぱり,取っ掛かりは「無視する」の件ですね.
何故注意されても無視できるのか?

考えれば考えるだけ分かりません.
もはや分かり合おうなんて思ってはダメですよ!と友人からはアドバイスされたりしますが,そうやって割り切れたら楽なんですけどね〜.難しいです.

ちなみに超個人的に思う「何を言っても無駄な人」の特徴

・自分の都合の良いことだけよく聞こえる
・自分が信じる「ものすごい肩書の人」の言うことは問答無用で聞く
・ものすごい肩書の人(権力を持っている人)と知り合いであるみたいなことをよく出す
・自分の個人的な感想なのに「誰が見ても」のようなあたかも一般論であるかのような枕詞をつける
・自分は何かの分野で最先端だと言い切る(私が最初に始めた・・・とはまでは言わないまでも私がやってた頃は他は誰もやっていなかったみたいなことを言う)
 ナドナド

でもこうやって書いても,根本解決にはならないんですよね.
なかなか根本解決は難しいのかなぁとも思います.

釣り人でも釣り人じゃなくても何を言っても無駄な人.
居ると思います!



---スポンサーリンク---




---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿