2014年9月26日金曜日

気になる:ロッド Zenaq MUTHOS Accuraシリーズ

ちょっと前,ZENAQのサイトに現れたMUTHOS Accuraシリーズです.

こちらが特設サイトになります.
http://www.zenaq.com/sp/sp_mut_acc_index.html

現状でラインナップは

DM Accura 100H (K)とそのRGガイドバージョンの(RG)
DM Accura 100HH(K)

の三種類,実質2ブランクですね.

オリジナルのMUTHOSは低弾性?カーボン主体の粘り強い調子が特徴で,3年ぐらい前?に高弾性素材を用いたシャープなアクションが特徴のDuroシリーズが発売され,今回のAccuraシリーズが発売となりました.

ロッドカーブがHP上で公開されているのが非常に好感が持てます!

ブログに転載したいところですが,著作権の問題があるので,控えます.
みなさん,オフィシャルHPでロッドカーブを見ながらご覧ください.

まず,Accura の2機種を比べてみましょう.
 100Hのほうはファストアクション,100HHのほうはややレギュラーよりの印象を受けます.
表示MAXの4kgでは100HHはかなりバッドが残っており,かなり余裕がある印象.一方100Hはきれいな半月状の弧を描いています.
HHの表示は伊達じゃない感じですね.

Accuraの100HをDuroの100Hと100H Pencil,無印の100Hとくらべてみましょう.

ティップの調子をみるには500g程度でみるのがよいです.
500g表示ですと,Duro Pencil≒Accura 100H >DM 100H > Duro 100H
のような感じです.DM 100Hがかなり柔らかそうに見えるのはこれはベリーまで軟らかいからでしょう.

 続いてベリーの調子を観るには1000gぐらいかけてみましょう.
ベリーの柔らかさは
DM 100H>Accura 100H > Duro Pencil>Duro 100H
な感じです.逆転しましたね.

こうやってみるとDM100Hはレギュラーテーパー,Duro 100Hはレギュラーファスト,Accura 100Hはレギュラーよりのファストテーパー,Duro Pencilはウルトラファストテーパーといえると思います.

MAXまで曲げてみると,バットの強さは
Duro Pencil>Accura 100H>Duro 100H>DM100H
な感じです.

こうやって一貫してみるとAccuraというロッドの立ち位置が見えてきます.
私はゼナックさんのMUTHOSシリーズからはDuro Pencilと110HHH-GTを愛用していますが,これを踏まえて言うと,Duro PencilとDuro 100Hのいいところ取りなロッド(テーパー的に)なおかつ,材質はよくわかりませんが,おそらく低弾性〜中弾性をミックスして作ってあるんじゃないでしょうか?つまり,材質的にはDuroとノーマルの良い所どり.

悪く言えばなんでもできるけど,尖ってないロッドと言えるかもしれません.
まず一本,一本でプラグもジグもできる!みたいな触れ込みがHP上にかかれていますが,それはこういうことなのかもしれません.

※Duru Pencilを使っていますが,ジグも問題なく使える(むしろかなりいい感じに動きます)※

何を重視するか,どんな調子のロッドが好みか?によって万人ロッド選びは十人十色だと思いますから,自分がどういうロッドでどういう釣りをするのが好きなのか?によってラインナップが増えるというのは非常に良いことだと思います.

主にベンドカーブからの考察になりましたが,Accuraは宣伝通り,なんでもできるロッドだと思いますので,迷ってるならアリかもしれませんね.

私が購入するとすれば,,,100HHかなぁ?110HHH-GTは自分にとって外せないロッドなんですが,体力的にはAccura 100HHもありかなという感じです.その前にDuro 96HHHが先かなとも考えています.

でわ.





---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿