2014年9月7日日曜日

晩夏の河川シーバス

どうも.
シーバス行って来ました.
結果から言うと,ヒラセイゴが5匹としょぼい結果.
そゆこともあります.

去年もそうだったんですが,これぐらいの時期から普段大きいヒラスズキが釣れない市内河口部などにもヒラセイゴが跋扈してきます.こいつらをいかに交わすか!?というのが目下の課題です.
 (大きな対策として,河川上流部でやるとか場所自体を変えるとか色々できますが,あえてヒラセイゴがはびこる場所で大型を狙う場合の話)

とりあえず,某所河川に土曜の夜突撃.
なんとか時合いに間に合った感じで,潮位はいい感じ.

まずはコンディションチェックにトップを流します.

(※ここで,トップ!?と思われた方いらっしゃるかと思います.
 テレビの釣り番組やネットの動画でも昼間にトップを投げている動画はあれどナイトに トップを投げている動画はほとんどありません(無いとはいってない).
 まぁ,これは人によってはシークレットな事かもしれません.
 トップの有効な場所,時合,使い方などはまた今度の機会に)

すると,一発目から出ます.ヒラセイゴです.



これで魚はいるということがわかったので,色々と試します.
サブサーフェイスミノー→シンペン→ミノー→バイブ→トップ
のようなローテを組んで攻めていく.
そして当たる.→ヒラセイゴ
のパターン.

色々ローテした結果,トップへの反応が非常に良いです.
他でも当たってますが.
かといってトップを流しすぎるとスレるので適度に他のルアーもローテーションします.

また,トップもサイズ色々で,
私は基本90mmのフェイキードッグを軸に70mmのフェイキードッグDSと107mmのマヒペンを多用します.
今回はフェイキーとマヒペンが軸.DSをたまに混ぜる.
(DS流すとセイゴ地獄,DSは浮力がほぼ0に調整されてるので吸い込みもよくフックアップ率も高いです)

フェイキーを流してる時,,,ボゥッシュ!!
ウホ,良いサイズの魚!(だが乗っていません)

マヒペンを流している時,,,,ンボゴォ!!!
ウホ,良いサイズの魚!(だが乗っていません)

結構良いサイズ(経験的に70cmオーバー)のバキューム音が2回ありましたが,乗りませんでした.ナイトトップでは仕方ないことです.だってステイで出しても乗らないんだもの...どうやら沖の潮目に良いサイズ,手前のブレイクにヒラセイゴがついてる模様.沖の潮目を色々攻めてみましたがサイズを出すことはできませんでした.

結局,トータルでトップに出た回数は数えてませんが,おそらく40回以上!
そのうち5匹が乗ってきてくれたって感じですね.確率1/8以下.
ちょっと下手くそでした.意図的にはずしてる物もあります.
私の腕だと止水域でのトップだと1/2〜1/1.5ぐらいで乗せれますが,流れのある河川がらみでは頑張って1/4ってとこでしょう.これはステイで出してもそうなので,限界に近いかも...ALLステイで出すのは無理があるし.

ちょっと時合が終わったなってところで,場所を大きく移動してみると,アジ!らしき魚群を発見!ちょっとワームで遊んであげると,,,なんとヒラセイゴ!!!(こいつを入れると6匹ですかね)15cmもありませんw可愛すぎ.遅生まれのヒラセイゴでしょうね.
即効でリリースしたため,写真はありません.
これをいじめるのはかわいそすぎるので,すぐさまさらに移動して,少し休憩して朝を待って帰りました.


あと一ヶ月もすればまぁまぁいいシーズンです.
普段ヒラが釣れない河口部でも少し成長したヒラセイゴ(50cmぐらいまで)と遊ぶことも出来,マルもサイズに期待できます.
今年は去年確立したパターンに加えて,色々試したいこともあるので,幅を広げられたらなぁと思っています.

でわ.

---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿