2017年3月15日水曜日

(沖縄本島)アウェイの洗礼でノーバイト・ボウズ

釣行記の更新間隔はやくね?と思われた方・・・

ノーバイト・ボウズなんです.
なので,魚の写真は一切ありません.なので早めに上げます.
それでもよいという方は読んでいただけると幸いです.

それにしても完全ボウズは久しぶりに食らったような気がします.
こういうこともあるから釣りは辞められないです.

場所は沖縄本島.
遠征釣りではなく,出張ついでに1日夕方までオフの日があったので,釣りをしてみたというところです.

ちなみに前情報や口コミでの情報収集はほぼ無し!
某釣り雑誌企画よろしく,たよりになるのはGoogleMap.あとは海釣図!
そんな釣りです.

持ち込んだのはシーバスロッドとそれ系のルアー,強めのヒラスズキロッドと中型プラグ,〜100gぐらいまでのジグなど・・・.

とりあえず,初めて沖縄をGoogleMapで見て思ったのは,浅くね?
透明度がよすぎて浅く見えるだけという箇所も多々ありました.

あと,沖縄,デカくね?
端から端まで下道を車で走ろうと思うと3時間ぐらいは楽にかかるのではないでしょうか?

GoogleMapと海釣図を照らし合わせ,一番可能性のありそうな磯を探し・・・・(まず磯に行きたい),個人的には辺戸岬という北部の磯が一番行きたいポイントでした.
しかし,私のホテルは那覇市内,車で3時間近くかかります.往復6時間・・・・.
高速を使えばもう少し短くて済むかもしれません.
移動に時間を取られるよりは,南部で色々と見てみよう.と.

で,最初に訪れたのは那覇空港近くの離島?
瀬長島.
遠浅だけどワンチャンスあるんじゃね?と思って満潮時に.

ここ,結構観光地なんですね.
遠浅で,メッキぐらい入ってきてくれていればよいのですが・・・.
と思いましたが,観光客さんの目が痛いので退散(笑.

しかし,景色が抜群に良いですね〜.

とりあえず,次に目指したのは適当に走ったルアーが投げられそうなところ.
ここではランガンしながら,キャストを繰り返しましたが,ノーバイト!

どうしても磯で釣りをしたくて,磯を探します.
ここの磯なら釣りできるんじゃね?と思って行った,喜屋武岬.

下に降りられたら面白そうですが,断崖絶壁・・・.
近くをウロウロして,降りられそうなところがないか探しましたが,無理と判断.
こんな場所です.降りれたらいいなぁと思いますよね・・・.
ちなみに,画像拡大してもらって,左側手前にチョンとみえている点.
これカヤックでした.フィッシングカヤックでちょい沖で釣りされてました.
何か釣れたのだろうか?

ちなみに,どれ位絶壁かというとこれぐらい.
拡大すると人間が写ってます.
高さ30mはないけど・・・15mぐらい?
怖いです!

そしてさらにGoogleMapを見ていると,近くに歩いていけそうな地磯が.
とりあず,広場みたいなところまで車で行き,車が1台停まっていたのでそこに停め,歩いてみます.停まっていた車は釣り人ではなさそうでした.
奥の方に車がさらに2台.が,こちらはレンタカーなので擦るのが怖いため,奥まで車で行くことは拒否.

まずは釣具を持たずに歩きます.
 なんかどこかのアニメにでも出てきそうな不思議な形をした岩.

の先に釣りができそうな地磯発見.
雰囲気はアリます.

とりあえず車に戻り,装備を整えて地磯へ.
手を変え品を変え,四方八方ランガンするもノーバイトでフィニッシュ!!!
サラシになにかついているかと思いきやついておらず,沖の方でダツでもかかれば良いと思いましたが,ダツもおらず!なんとも水しかないような感じがする海でした.
近くにいらっしゃったエサ師の方は鹿児島では見たこと無い魚を釣り上げていらっしゃいました.
ロケーションは最高なんですがねぇ.

ここまで朝からノー飯だったのと,あまりに当たりがないため,若干心が折れ気味.
ここでボウズになっても悔いはないのですが,せっかく沖縄まで来ているので川でも見ておくか!と思い,またマップでめぼしい川を見つけでGo.

途中で飯も食って燃料補充.
(昼回ってだいぶ経ってますが・・・・)

やってきた川?はこちら.
ザ・のどか.
そして,釣れない.

メッキの捕食が何回かありましたが,メッキもメッキ,極小メッキ.
足元にはマイクロベイト1cm未満のマイクロベイト.
シーバスプラグを投げ投げしてみましたが,魚信は得られず!

このあと少しだけ観光したいスポットもあり,予定より早めに切り上げてノーバイトノーフィッシュで納竿となりました.

まったく魚が釣れなかったことに関しては悔いはないです.
久しぶりに自分自身にとっては未開の地で釣りができて,ショアからの釣りの楽しさにまた気づけたような気がします.
 
沖縄本島にお住まいの方はそんなところで釣りしても何も釣れないよと思われるかもしれませんし,釣らせてあげたいから釣れる場所を教えてあげたい.と思ってくださる方もいらっしゃると思いますが,個人的には釣れないぐらいが面白いと思っています.
人から教えてもらった場所で,人から教えてもらった方法で釣る.最初はそれも面白いと思います.が,今はわかってる人から見たらダメダメだねと思われるようなことでも自分で考えて場所を選択肢,釣り方を選択肢,魚を釣り上げていく,答えを知っている人が見たら回り道にも見え,滑稽にも見える,そんな釣りをやっていきたいなと思います.
釣り人とコミュニケーションしたくないわけではなく,釣り場での挨拶等はちゃんとしていますよ(笑.

沖縄,今回は釣りがメインではなかったですが,鹿児島からのアクセスは意外と悪くないなと思いました.ソラシドエアで早めにチケットを購入すればわりと安く行けます.
沖縄でのオフショアフィッシングも非常に興味が有るところです.

いつか機会があればまた行きたいなと思いました.

でわ.

--------------------------------------------------------
前の釣行記はこちら
→2017-No5:宇治群島でカンパチ(ネリゴ)の数釣りジギング

本記事
→2017-No6:(沖縄本島)アウェイの洗礼でノーバイト・ボウズ

次の釣行記はこちら
→2017-No7 :カヤックジギング開聞沖で良型のあの魚!

---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿