2017年1月9日月曜日

シマノUS Torium,スタードラグベイトリール,オシアジガー3001HGの予備機として


ベイトリールはスピニングリールに比べてラインナップが少ないですよね.
特にジギング用のベイトリール.
シマノに関して言えば,オシアジガーの大きいところやジガーLDやトルサなどのレバードラグリールが次々と廃盤になっていき・・・.さらには左巻きは当然無し!
エントリー向けのオシアジガーEVも廃盤になってから新しいオシアジガーEVが出るのか?と言われれば,出ない.
オシアジガーもリミテッドを経て3000HGがラインナップされましたが,左巻きの3001HGは今のところ未ラインナップ.今年あたりにラインナップされると信じています(笑.
というのも,必要性がないんだとおもいます.
私は深いところの釣りもするようになったので,欲していますが,全国的に見て,深いといってもジギングで150m,200mぐらいまでの釣り.であれば,オシアジガー3000レベルですらほぼ必要としないだろう?と思います.
実際,私も福岡〜長崎で釣りをしていたときはMAXでも100m前後,それより深いところは基本的に「無かった」んです.ならばジガーなら1500レベルでも事足りてしまいます.
昔はスコーピオン1501とかでジギングしてましたし・・・.

最近のベイトリール事情を見渡すと,深い場所をやる左巻きの人にとっては色々と難民化が進んでいること,また.エントリー向けのベイトジギングリールがあってもよいのでは?とも思います.(かなりローカルは話ですが)

300m,400mで釣りをしている人口はほとんど居ないことは分かっています.300m,400mをやるジギング船がまず少ないですし・・・.
ほとんど居ないということは商品が売れないということで,商品を出すメリットがメーカーにないのだと思います.そこまで行けば電動の世界だろ?って思われる方も少なくありません.
しかし,メーカーがリールを作ってくれなければ,出来ない釣りでもありますし,なんとも難しいところです.

とまぁ,とりとめもないまとまってもいない話をつらつらと書きましたが,要は,私は20000円ぐらいで買える,色んな用途に使えるようなベイトリール(右巻きも左巻きも)があればいいなぁなんて思っていたわけです.

また,レバードラグは最近Accurateを幾つか仕入れたので,足りているとして,底をトントン叩くような釣りにはスタードラグのほうが向いていると感じています.
それはメカニカルブレーキが付いているので,着底時のバックラッシュが少ないことと,ハンドルを持つ手と反対の手でクラッチを切れるため着底→巻だしがスムーズに行えるという利点があるからです.

ということで,スタードラグで20000円前後・・・色々な釣りに使えるようにラインキャパ多め(できれば3号が600m以上)で左巻き.なベイトリールを欲していました.

このような条件で探していたところ,いくつかリールが見つかりました.
その中でもこれは!?と思ったものはシマノUSのTorium.

発売は一昨年ですが,何が素晴らしいって30までレフトハンドがラインナップされています.

USシマノのラインナップではリールの大きさの表記が日本とちがっていて,14,16,20,30,50のように2桁の数字で表します.

また16Nのように数字の横にNがつくものはナロースプールになります.

オシアジガー換算で,16が2000相当(予想),20が3000相当,30はそれ以上にワイドスプールになります.スプールの最大径は16〜30まで共通です.スプールが横に広がるだけです.

糸巻き量としては
PEの3号を巻くとしておおよそですが,
16Nが340m
16が480m
20が650m
30が930m

最大巻き上げはHGシリーズで117cmです.
つまり,オシアジガーの2000,3000クラスのHGと同じです.
しかし30のラインキャパは化物ですね.2.5号なら1300m以上巻けるという報告も・・・.このリールでアブラボウズなんかも出来ますね.

そしてお値段.200ドルを切ってます.
これが一番素晴らしい.180ドルとか,170ドルとか.

ということで,海外から購入してみました.
個人的にはジガー3000クラスでとりあえずよいかなと思ったので,20HGのレフティをチョイス.

結局,送料入れて200ドルほどでした.円が高いときに買えば2万切るぐらいでも買えるわけですね.今は1ドル115円前後はしていますから,200ドルでおおよそですが23000円です.円安は経済的には良いのかも知れませんが,海外からの通販が高くつくので,なんだか損した気分になります・・・.

また,この2万前後の価格帯で買えるまともな左巻きでラインキャパが3号600m超えるリールが日本に「無い」というのは結構問題かなぁと思います.価格帯を考えると,右巻きすらないかもしれません・・・・.
人口が少なくてもラインナップぐらいはして欲しいですよね.エントリー向けのリールが無ければ新しく始めようという人もなかなか出てこないかなぁと思います.
ま,半分は私の個人的なエゴですが.

ということで,購入した商品が届いていますので紹介します!
とりあえず下巻きを入れて,2.5号を600m巻いています.

ちょっとメタリックが入ったブラック.
ブラックボディのリールって日本ではあまりないですよね.銀か金が多いように思います.

で,この横のポッチはスプールストッパーではなく,カチカチなるためのモノです(不要).また,MAXドラグ値を測ると,カタログどおり概ね10kgは出ていました.
ちなみにMade in マレーシア!(なんだよ日本にもすぐ入れられるじゃないか・・・なんで入れないんだよ,日本のほうが下手したら近いよ)

また,ハンドルですが,ジガー2000系と互換性ありでしたので,日本製の社外をつけようと思えばつけられます.
また,ハンドルノブも通常のBタイプでしたので,ノブだけ交換も出来ます.
そこら辺に転がっていた中空ノブに換装してます.
ハンドル長さはオシアジガーの2000と同じ85mmでした.

スタードラグですが,オシアジガーなどにはついてるハンドルでのクラッチリターン機能はありません.
なので,手でクラッチを戻す必要があります.しかし,レバードラグと違って,パチンと戻すだけなので,ロッドを持ったまま,ロッドを持った方の手(私の場合は左巻きなので,右手)でクラッチを入れることが出来るため,着底からの巻だしも普通のスタードラグと変わらないレベルで素早く出来ます.

こんなことなら16とかも買えばよかったかなぁと思うぐらいできの良いリールでした.

まぁ,こんなの日本で売ったらジガーが売れなくなる気がしますから,しょうが無いのかなぁとも思いますが,オシアカルカッタ→オシアコンクエストみたいにプチエントリー機(エントリーにしてはオシカルは高いですが)がある機種もありますし,なんとかこの手の価格帯でもジギングリールが増えないかなぁと思ってます.

ドラグは少々弱いですが,使えるリールだと個人的には思います!
まだ実釣では使っていないのですが,ドラグの滑り出しなどもスムーズですし,今のところ不満はありません.
一回ばらしてみようかなぁとも思っています.

ということで今回はシマノUSのToriumの紹介でした.






---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿