2016年12月12日月曜日

オススメレバードラグリール!Accurate Reel 購入!FURY,BOSS XTREME

さて,最近ブログのネタが無いのです.
正確には考える暇がないということでしょうか.
こういうときのために,大量に下書きストックがあるのですが,どのネタもイマイチでタイピングが進みません.

ということで,ちょっとまえに頼んでいたリールが到着しましたので,紹介します.

以前に,左巻きのジギングリールを紹介する記事を書きました.

大物のディープジギングに使える「左巻き」ベイトリール(3号が600m以上!)

そして,実際にその中からAccurateを選んでちょうど一年ぐらい前に購入しています.

Accurate レバードラグリール 左巻き!を購入


そのとき購入したのはダントレスというモデルの2スピード600NNとボスというモデルの600Nハイギアです.
ボスの600NはPE3号を1200m巻けるなかなかのキャパを持っておりますが,ハイギア故,また糸巻き量が多く,スプールが大変重いため,巻くのがしんどくて使っていません・・・(これはハンドルをかなりロング化する計画があります

で,600Nですが,PE3号が730mぐらい巻けます(公式は710m),4号は530mぐらい入ります.
また,2スピードの切り替えが素晴らしい.
5:1と2.2:1という切り替えが出来まして,それぞれ最大巻き上げ量は1mと44cmぐらいです.
ハイギアすぎないので巻きもそれほど重くなく,ローギアの巻き上げ力は半端がないです.魚かかってたら巻くのが重いなぁと普通思いますが,ローギアで巻くとテンションが緩むのには気を使いますが,まったく
ということで,こちらの大きさ(600NN)が気に入ってしまい,追加がほしいなぁと思っていました.
いろんなラインの太さを巻きたいですからね.
いちいち巻き替えているのは相当に面倒です.

ブログで共同購入をつのらせていただいた所,私の他に3名買いたいという方がいらっしゃって,送料割り勘で共同購入しました.

追加モデルは以下の通りです.


BOSS 2スピード BX2-600NN (グリーン)
FURY 2スピード FX2-600NN (ブルー)
FURY ギア比4:1 FX-600NN (ブラック)

ひと目でどのリールか分かるようにカラーオーダーしました.
今年からAccurateはカラーオーダーできるようになったんですが,左ハンドルのカラーオーダーなので,オーダーが入ってからの生産となり,工場が混んでいたこともあり,2ヶ月ちょっとかかりました.

で,BOSSの2スピードはダントレスの逆回転防止装置が1つ着いていないものとなります.
ダントレスは通常のローラークラッチ以外にラチェットみたいな機構が入っていますが,BOSSがはラチェットが入っていないモデルとなります.その他詳しくは違うのかもしれませんが,それほど違いは分かりません・・・.

で,FURYというのはかなり廉価なモデルでAccurateのお家芸であるツインドラグが着いていないものになります.
1つシングルスピードを買ってみたのは最大巻き上げが88cmのパワーギアであること,普段5:1のダントレスを使っていて,これより少しギア比の低いものがあれば,使い勝手がいい時があるのでは?と思ったからです.

お値段的にですが・・・
今回は前回より為替が少し安く買えたので・・・・.

BX2-600NNが710000円
FX2-600NNが43000円
FX-600NNが35000円

程度となります(※為替,送料で変動します)
国内の代理店で買うよりは2万ぐらい安いですね.

で,FURYはちょうどオシアジガーやソルティガベイトと同じような価格帯という感じです.

ということで,私の中のAccurateリールは5つになりました.

今のところ以下のような運用を考えています.

DX2-600NN (ダントレスの2スピード) PE4号を500m
BX2-600NN (ボスの2スピード)    PE3号を700m 
FX2-600NN (フーリーの2スピード)  PE2.5号を850〜900mかPE3号を700m
FX-600NN  (フーリーギア比4:1)   PE2号を1100m (中深海)

色々と考えてベストを探していきたいと思っています.
中深海用は今のところジガーのほうがいいかなぁとも思っており,難しいところです.
手持ちのリールで色々考えながらやっていこうかと思います.

オシアジガーもあと2つぐらいほしいなぁと思っているのですが・・・いつ買えることやら.

また,これらのリールを買って気づきました.
ツインドラグになると,リール向かって右側が少し分厚くなります.
また,2スピードにするとリール向かって左側が少し分厚くなります.

従って,リールの横幅(スプールの大きさは全部同じです)は
2スピードのツインドラグリール>2スピードのシングルドラグリール=シングルスピードのツインドラグリール>シングルスピードのワンドラグリール

ということになります.また,結構重量差があり,FURYのシングル600NNは持ったときに軽い!と思います.
このあたりもパーツ量が少ないことに起因しているようですね.

FURYはツインドラグではないので,少しドラグが弱いかな?と思ったのですが,ジガー並にはありそうです!
結構使い勝手はいいかもしれません.レバードラグですし.
左巻きのリールがなかなか無いご時世ですから,こういうリール作ってもらえるだけ有難いですね.

また使ったらインプレでもしようかと思います.



でわ!




---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿