2015年12月25日金曜日

キジハタの年齢と大きさ:資源管理のあり方について

どうもです.
Merry Christmas.
クリスマスですね.
昨日はスケジュールをミスっていて投稿できていなかったようです・・・.

さて,世の中はクリスマスなわけですが,私のブログは普段通りです.

今日とりあげるのは「キジハタ」です.

関西方面〜中国地方?では「アコウ」とも呼ばれており,テレビなどでもこの名前を聞いたことはあります.
分類的には顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜科ハタ族マハタ属に属します.
長いよ・・・.

つまり,「マハタ属」ですね.
マハタ属の中ではキジハタは中型からやや大型に分類されます,
食味の良さから高級魚として扱われています.
末端価格でキロ3000円〜6000円といったところでしょうか?
浜値では時期にもよりますが1000円〜1500円,MAXでも2000円ぐらいだと思います.

釣り物としても人気で,小型のサイズであれば,堤防や小磯からでも狙うことができます.
大きいサイズはやっぱりオフショアで上がることが多いですね.

個人的にオオモンハタは50UPがちょいちょい釣れるけど,キジハタの50UPはなかなか釣れないなぁと思っています.
そこで,疑問が・・・.

キジハタって何歳でどれぐらいの大きさになるんだろう?

よく,「根魚は成長が遅いから」ということが言われていますが,もちろんそれは種類によっても違うと思います.
キジハタについては今から20年〜30年前によく研究されたようで,論文がいくつか見つかりました.
その中の一つ.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aquaculturesci1953/42/3/42_3_419/_article/-char/ja/

陸上水槽中での飼育なので,個人的には海中より多少発育が制限されるように思いますが,この論文によると,平均的には
1歳で14.5cm
2歳で21.7cm
3歳で29.3cm
4歳で雄が32.6cm 雌が31cm
5歳で雄が34.5cm 雌が32.4cm

とのことです.
あくまで平均値ですので,これより大きい魚も居ます.
5歳で40cmを超える魚もいることはグラフからもわかります.

さらに図4には10歳までの成長曲線が過去の論文とともに示されています.
この論文中の結果は,たいだい,10年で平均値が40cmを超えてくるような感じですね.
5歳で40cmを超える魚もいるので,このあたりは個体差ということでしょう.

また,あまり知られていないかもしれませんが,マハタ属の多くは雌性先熟(しせいせんじゅく)です.
これは小さいうちは雌として繁殖を行い,大きくなったら雄に性転換して縄張りを持つことで他魚を排し,効率よく子孫を残すというシステムです.
真鯛もこれに当てはまりますので,大型の真鯛は99%雄です.

論文中でも5歳までに性転換する個体は居て,それにより雌の個体数が減少すると書かれてあります.
つまり,子を産む個体は比較的小さなキジハタであると言えます.
5歳魚(雌は平均32.4cm)程度までは雌の個体もまぁまぁ居ます.

よって,小さいキジハタを釣って持って帰るということは相当な痛手となるわけです.
たまに,「大きい個体を持って帰るというのは大きくなる遺伝子を残せないからダメ」という人も居ますが,言いたいことはわかりますが,大型のキジハタ(40cmオーバー)は10中8.9はオスですので,卵は産みません.したがって,卵を生む個体を持って帰るよりは自然に対するダメージは少ないのではないか?と推察します.もちろん40オーバーならいくらでも持って帰っていいよ!減らないよ!と言っているわけではありません.

個人的に考えるキジハタの資源管理のあり方について考えてみると
・小さい個体は卵を生むから基本的にはかけない,釣らない,持ち帰らない
・キープするなら大型の個体を食べられるだけ


といった感じになろうかと思います.

キジハタは20mぐらいでかけると,リリースできますが,60mラインぐらいまでは平気で釣れます.
35m以上深いところで釣れたキジハタのリリースは浮袋が膨張して(急な水圧変化に適応できないため)リリーサーなしには行えないと思います.
そう考えると,今後リリーサーも積んでおこうかな?なんて考えますね.
幸いなことにキジハタ狙いのなんちゃってスローはあんまり小型のキジハタがかからないので,なんとかなっていますが・・・.それでもたまに釣れちゃいますからね.難しいところです.

また,実際,キジハタは減っているのか?増えているのか?と言われるとそれについてのデータはないのでなんともいえませんが,根こそぎ獲り続けて持続的に増えられる魚種は居ないと思います.マグロしかりマイワシしかり・・・.

誰も人の釣果や釣りに対する考え方に干渉は出来ないと思います.
私は私の考え方を述べているだけに過ぎませんので,どうかあまり批判的に捉えないようにしていただければ幸いです.

最後に,小型のキジハタの「釣り禁止」にしている山口県について紹介します.
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a16500/kijihata/20130517001.html

2013年ごろに一部で話題になりました.
山口県が30cm未満のキジハタの採捕を禁止へ!
というものです.

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/201510/032267.html

現在もこの試みは続いているようです.

個人的には良いことだと思います.
隣県や九州にも広がって,その効果を見てみたいものです.

しかし,これで30cm未満を釣るな!というのも難しい話です.
大型だけを狙えるようなテクニックや技術の紹介というのも釣り業界の今後の課題なのかもしれませんね.

でわ.

---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿