2015年12月12日土曜日

フィロソファー156:期待の国産艇:足漕ぎカヤックバージョンも

足漕ぎのカヤックで有名どころといえばホビーキャットかと思います.
http://www.hobiecat.com/


他にもNativeWaterCraftなどもありますね.
http://nativewatercraft.com/

で,日本でも無いのかなぁと常日頃思っていたのですが,2年ぐらい前にチラッと見かけたベイロマンスカヤックさんの爆速艇フィロソファー156の足漕ぎバージョンが最終調整に入ったようです.

ベイロマンスカヤックさんのフェイスブックはこちらです.
https://www.facebook.com/bayromancekayaks/?fref=nf 

手漕ぎバージョンは既に生産受付を開始されているようです.
スペックとしては
全長:476cm
幅:76cm

重量:25kg

というぶっ飛びスペックです.
むちゃくちゃ足が速いらしく,エキスパートなら10km/h前後での巡航は楽に行えるとのこと.パドリングに自信がない方でも8km/hぐらいで巡航可能ということです.
公式では6km/hオーバーという表記になっています.

ちなみにガチ漕ぎすれば10ノット(18.52km/h)という話も・・・・.
低速な漁船並なんですが.さすがに10ノットで巡航は不可能だと思いますが.

というぐらい速い艇のようです.

屋久島でテストされた様子をテストパドラーの方が投稿されていました.
ハタの10kgオーバーもこのカヤックで取られていましたし,屋久島のカヤックガイドさんにも好評だったようです.

試乗の機会があれば私もぜひ乗ってみたい一挺ですね!

一次安定性は微妙みたいなことを公式のfacebookでもおっしゃっていますが,二次安定性は良いようですね.ツーリングに使うのであれば二次安定性重視で問題ありませんが,釣りに使うなら止まっていることのほうが多いので,一次安定性も欲しいですけどね〜.幅が76cmというのは私のモーケン10Lよりも細身であります.一般に幅が増せば安定性は向上します.が速力は落ちます.その他船底の形なのでも大きく変わるので一概には言えないのですが.

価格もホビーキャットと遜色ない感じなので,ホビーを買うぐらいなら・・・と思う人はいらっしゃるかもしれませんね.

ただ,個人的には艇が長すぎますね.これを許可なしでカートップしようと思ったら4.4m以上の自動車でなければなりません.軽自動車は論外,コンパクトカーも論外です(警察に許可申請をして許可さればこの限りではありませんが,3ヶ月ごとに許可申請をする必要がありますし,運行経路図も必要です.

ただ,この長さがあっての速度なのでしょうから,長過ぎる!と不満を言うべきポイントではないとは思っています.

長ものの積載許可申請については詳細は下記を御覧ください.
新潟県警のホームページです.
https://www.police.pref.niigata.jp/osirase/seigengaisekisai/seigenngaisekisai.html

分かりやすかったので新潟県警のHPを紹介しましたが,
実際の申請の際には各都道府県の警察にお問合せください.

たまに軽自動車で15フィートクラスのカヤックを運送していたりしている方を見かけますが,おそらく,ちゃんと許可をとっていらっしゃるんだと思います.カヤックに限らず,長もののカートップは気をつけたいところです.
また,カートップするにしても1/10を超えてマウント出来ないので,マウントの際にも位置に結構気をつけなければなりません.

でわ.

---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿