2015年11月19日木曜日

スペクトラ(SPECTRA)原糸とその特性に迫る

昨日はダイニーマの特性について書きました.
今日はシマノのパワープロが採用している「スペクトラ」について書きたいと思います.

スペクトラ(SPECTRA)ファイバーはHONEYWELL社の商標です.
ダイニーマと同じく,超高分子ポリエチレンの仲間になります.

スペクトラの特徴としてシマノが言っているのは
・原糸が太いから擦れに強い!!
・低伸度である.

ということです.
はたして本当なのでしょうか?
一応スペックを見ていきたいと思います.

スペクトラのスペックは下記URLのデータシートから引用します.

http://www.honeywell-advancedfibersandcomposites.com/?document=fiber-capability-guide&download=1

まず,S900というグレードとS1000というグレードがあることが分かります.
基本的なスペックを書き出しておきます.
S900
破断強度:25-30 gpd (3.19GPa - 3.82GPa)
破談伸び:3.9%
ヤング率:850-920 gpd ( 108GPa - 117 GPa)

S1000
破断強度:34-45 gpd (4.33 GPa - 5.73 GPa)
破談伸び:3.8%
ヤング率:1130-1650 gpd (144GPa - 210GPa)

gpdという単位,なかなか聞き覚えが無いんですが,一応換算表を見つけました.
1 gpd = 13 kg/mm^2 = 127.4 N/mm^2 =127.4 MPa = 0.1274 GPa

一応意味としては グラム パー デニール とのことです.

コレをもとにGPa表示,MPa表示になおしています.
個人的にが剛性率(ヤング率)はGPa,破断強度はMPaかGPaで扱います.

こんな感じです.

また,比重はダイニーマと同じ0.97です.
他には明確な数値はないものの,
・優れたUV(紫外線)耐性
・菌繁殖に強い
・切創性に優れる
・優れた摩擦抵抗

などが書かれてあります.

また,耐熱性については60度で強度80%,100度で強度55%となるようです.
ちなみに溶けるのは144-152度となっています.
あとはいろんな耐酸性やら色々と良い特性があるようです.

やはりここで比べてみたいとはダイニーマとの比較.

まず,強度.
ここでの強度の単位は「応力」です.
応力とは断面積あたりの力です.
すなわち,同じ断面積(太さ)で比べた時にどちらが強いか分かります.

S1000(スペクトラ)4.33GPa以上
SK71 (ダイニーマ) 3.5GPa以上

ということでスペクトラのほうが,「同じ太さで」「最低保証値として」約1.24倍強い!ということが分かります.
へーという感じですね.

たしかにパワープロZ系の3号がMAX54Lbに対して,よつあみのウルトラジグマンWX8の3号がMAX47Lb,1.14倍パワープロZのほうが強く出ています.このあたりは編み方とかにもよると思うのですが,同じ3号でも製品の公式スペックとしてもスペクトラのほうが強いようですね.ただ,新しく出たロンフォートオッズボートなんかは3号で60Lbありますし,フルドラグも55Lbあります.なので,製品としてどちらが強い!というのも一口には言えないですね.もちろん耐久性などもありますし.

次に「伸度」,先に述べたようにスペクトラを採用したパワープロの売りの一つが「低伸度」これはいいときもあれば悪い時もあるとは思います.ただ,間違いなくディープジギングなどでは低伸度のほうがジグは操作しやすいです.

これはヤング率(弾性率)を見ればわかります.

S1000(スペクトラ) (144GPa - 210GPa)
SK71 (ダイニーマ) (123GPa以上)

となっており,スペクトラの弾性率は最低保証値でダイニーマSK71の117%程度であると分かります.
前にもお話したようにこの弾性率が高いほど「低伸度」となります.
なので,パワープロが謳っている「低伸度」というのはファイバーのスペックからも明らかなようですね.

ただ,SK71も123GPa「以上」となっており,じゃあ実際どうなんだよ?というと難しいところかもしれません.

また,スペクトラも最大値で200GPaを超えており・・・(これは少し硬い金属に相当します少なくともフェライト鉄の平均的なヤング率と同等か少し上です)幅があるのでなんとも言えませんね.

さらに,PEラインは糸を編んだ構造になっており,「製品」でみたときの伸度(弾性率)はファイバー自体の弾性率に加えて,編み込み構造の構造緩和分も考慮しなくてはならず,一概スペクトラだから絶対に低伸度とは言えないところがあります.

それでも,一応,スペック上もスペクトラのほうが上ということだけは事実として知っておいてもよいのではないか?と思います.

また,原糸が太いから耐摩耗性がある!みたいにシマノは言っていますが,スペックシートを見る限り,一応スペクトラのほうには耐摩耗性がよいみたいなことも書かれているので,原糸として本質的にも耐摩耗性は強いのかもしれません.このあたりはよく分かりませんが・・・.

っと昨日から引き続きダイニーマとスペクトラという2つの原糸について取り上げましたが,単純にスペクトラだからいい!ダイニーマだからいい!ということではないので,あくまでライン選択をするときの一助となれば幸いです.

でわ.

一応,スペクトラを使っている製品を挙げておきます.



 シマノ パワープロZ ホワイト 150m
 シマノ パワープロZ ホワイト 150m
価格:1,710円(税込、送料別)







---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


0 件のコメント:

コメントを投稿