2015年11月8日日曜日

BEAT PROPAGATE(プロパゲート):bp606-5 インプレ

さて,ギャラハドロングフォールしか持っていない時,いわゆる普通のスロージギング用ロッドが欲しいと申しておりました45です.

もう既に釣行のタックルデータにはちらほら出てきている分もあるとおもいますが,購入したのはBEATのプロパゲート.


えっ・・・なんでそんなんかったん?そのメーカー何?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが・・・.
BEATは大手のルアーデザイナーを長年勤めた大貝氏のブランドで,ほとんど広告を打ってないと思いますが,一部ではものすごく人気のあるメーカーだとおもいます.ウェブショップの在庫の動きを見ていても回転が早い!入荷後,割とすぐに売れます.

beatのジグを見たことある人は,あ,あそこのジグを作ってた人かな?
と想像がつくところもあると思います.

一応,beatのホームページ貼っておきます.
http://www.beat-jigging.com/index.html

さて,私がbeatのプロパゲートを購入したのは以下の理由です.

・Beatのジグが結構気に入っている
・Made in Jpana
・EVERGREENはバスの時のイメージが強く,個人的にあまり好きなメーカーではない
・ディープライナーのロッドは高い・出たばかりで評判も未知
・九州ではbeatを使ってる人があんまりいない?
・あんまり宣伝していない
・カーボンのトン数が書いてある

以上のような感じです.

本件に関しては窯持ちメーカーに拘りはなかったですが,やっぱりMade in Japanと書かれているのがよいなと思っていました(ほぼプラシーボです)
それと,エバーグリーンだけは本当に人とかぶりまくるのでNGとして,ギャラハドはスロー用の中では特殊な部類なので避け,候補は以下のとおりでした.
・シャウト! SPJシリーズ
・beat プロパゲートシリーズ
・テンリュウ ホライゾンSLシリーズ
・ディープライナー ロジカルシリーズ

他にも日本製のやつはあるかもしれませんが,個人的には候補はこんな感じ.
でシャウトのSPJでもいいなぁとは思っていたのですが,いかんせん触れない.し,シャウト自体があまりスローを得意とするメーカーというイメージが無いので,却下.でも,私はシャウトのジグには絶大な信頼を置いていますよ(笑.
で,長さは実は66がイイ!と決めていたので,ロジカルシリーズがここで外れます.
ロジカルは55,60,70しかないですからね.
敢えて他メーカーと競合するレングスは避けたという感じなのでしょうか?ね?

ということで,テンリュウかbeatになったわけです.
beatは幸いにも近くの釣具屋にあり,触ることが出来ました.

ちょうど買う直前にBLXという高感度モデルが発売されたのですが,そちらも候補でしたが売ってなかったので,売っているものから選びたいなと思いノーマルのプロパゲートに.

最初,アカムツ,クロムツ用に買うつもりだったので,4番を買おうかと思っていましたが・・・.いや,やっぱりアカムツクロムツって自分あんまり行かないし,やっぱ青物,ハタ狙いで重いジグを動かせるやつでしょう!ということで5番を選びました.

実際,店舗では4番と5番を取り寄せてもらって,曲げ比べました.

一応スペック上は4番が200g,5番が250gとなっており,50gの違いしかないのですが,竿の特性はぜんぜん違うように感じました.グラムの変化から想像するより5番は4番に比べて強く感じました.

しかし,ギャラハドの4番なんかよりはプロパゲートの5番はかなり柔らかいです.
チョット前にギャラハドスローの62/4 slowを触りましたが,かなりガッチガチでした.
ヤマガのスローはスロー用ロッドじゃないから.という人がたくさん居ますが,私としてはギャラハドの硬さはある意味アリだと思います.特に200mを超えるレンジで青物や比較的足の早い魚をジグを飛ばして狙うのであれば.ですが..

プロパゲートの話にもどります.
よく言われるのはプロパゲートの番号はポセイドン+0.5だと.
つまり,プロパゲート4番はポセイドン4.5番みたいな感じ.と.
店舗にてポセイドンも曲げ比べてみましたが,たしかにそんな感じのパワー感でした.

ただ,ポセイドンのほうがバットが太いので.バットパワーという意味ではあまり変わらないかもしれません.
そもそもポセイドンはあまりバットを曲げてのファイトは推奨していない人が多いですが・・・.

曲げた感じは綺麗な弧を描くよいロッドだなぁと思いました.

っとここまでが店舗で触った感想です.

実釣編.
もう何度か持ちだして使っています.
アカムツでは使っていませんが,根魚,青物,クロムツなんかを狙って使いました.

使用水深は様々ですが,70m〜250mですね.
どの水深でもオールマイティにこなす感じがよいです.

70mで使用したのは120g〜200gまでのジグで青物狙いでしたが,これぐらいの重さならよく跳ねるので,楽にジグを飛ばせます.もちろん飛ばさない動作も出来ます.

150m〜170m前後では180g〜300gのジグで青物,底物,クロムツなんかを狙いましたが,コンフォートウェイトに近いということもありほぼほぼストレスフリーです.十分な感度をとロッドの反発を保ったまま,自在にジグを操れる感じです.

200m〜250mでは300g〜500gのジグで根魚,クロムツ狙いで使用しました.コンフォートウェイトを超えてくる領域ですが,500gまでは比較的ストレスフリーです.少し竿が負け始めるので,完全に反発だけで飛ばすということはできなくなるのですが,少し強めに煽って,2番〜3番ガイドまででしゃくるような感じにはなってきますが,十分操作性は担保されます.
クロムツやサメ,ユメカサゴなどをこの水深でかけていますが,非常に明確なアタリを感じることが出来きました.

ということで,狙い通り,満足で購入してよかった一品でした.

いわゆるスロージギング用のロッド.というのが欲しい方は候補に入れてみてはいかがでしょうか?
価格もいつも紹介しているアンバージャックさんで予約注文すれば15%OFFなので,定価売りのポセイドンより1万円ぐらい安く買えるんじゃないでしょうか?


実は他の候補だったホライゾンSLはカヤックでのライト用にMLスペックを購入済みで,そちらは既にファーストインプレ済みです.
こちら.

テンリュウ ホライゾンSL HSL66B-ML インプレ
http://kimamanitsuri.blogspot.jp/2015/09/sl-hsl66b-ml.html

さらにさらに・・・#4と#5を曲げ比べて#5を買ったと書きましたが,やっぱりアカムツ用(をメインに考えているけど,実際オールマイティ)に#4も欲しくなって,#4も購入済みです(笑.#4は購入してから日も浅いのであまり出番がないですが,もう少し使ったらファーストインプレしたり#5と比べたりしてみたいと思います.

さて,おなじみベンドカーブを最後に出して終わりにします.
基本的には手元のグリップ以下部分を水平にするような持ち方をしています.

続きをどうぞ.


200g



500g

750g



1kg



1.5kg

とこんな感じですね.
1.5kg負荷でもバットはまだまだ余裕です!
むしろこれからって感じですね.

でわ!



---スポンサーリンク---



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
---スポンサーリンク---


4 件のコメント:

  1. 45さん、いつも拝見させていただいています。
    実はスロージキングロッドの追加購入を考えていたので、今回のインプレは参考になりました。
    候補はプロパゲート4番か、ホライゾンSLのMか、シーファルコンのスローシャフトを考えてます。
    スローシャフトはなかなか置いてなくて触ることができない上、使っている人が少なく色々調べているところです…(笑)
    今回、プロパゲートとホライゾンを両方使われている45さんに少しお聞きしたいのですが、プロパゲートはどちらかというと、スロージャーカーの様にジグの操作に利点を置いたようなロッドでしょうか? そうなると魚とのやり取りは慎重な形になると思いますが…
    またホライゾンは魚とのやり取りに粘りがあるようですが、その分ジグの操作はプロパゲートに比べると跳ねない感じになるのでしょうか?
    よろしければ、ご教授ください。

    返信削除
    返信
    1. ガンジーさん,
      コメントありがとうございます.以下,私の偏見が多分に含まれているコメントになりますので,あまりアテにしないでください.
      まず,プロパゲートの#4はホライゾンSLならMH相当だと思います.MHより少しだけ硬いかな?ぐらいです.ホライゾンはML,プロパゲートは#4,#5しか持っていないので,完全に釣り比べることは出来ないです.ホライゾンはMとMH,Hは店頭で少しだけ触ったことはあります.
      プロパゲートはジグの操作と粘りを高次元に実現していると思います.
      #4でも4kgまではリフトしたことがあります.グリップより下も曲がるのでちょっと怖いです.まだ行けそうでしたが,実際にプロパゲートを使っていて水平4kg負荷というのは考えにくい(普通はストレートか少しロッドを下げます)ので,十分だと思います.
      やり取りに関してベイトロッドはカヤックフィッシングでもない限りストレートポンピングや45度ロッドを下向けたファイトが可能なので,個人的に遊漁船で使うことを想定すれはジグの操作を優先させたいです.もしくはヤマガやダイコーのようにバッドパワーを持っているロッドを使いたいです.ホライゾンSLはカヤックには非常に適しているけど,遊漁船で使うなら私はプロパゲートを押したいと思います.
      ホライゾンとプロパゲートについて,これもプロパゲート#4とホライゾンSLを釣り比べたことは無いので,半分は妄想の話になりますが,ゆっくり動かす分には両方あまり変わらないと思います.入力に対する変化はプロパゲートのほうが良いように思うので,ホライゾンはジグが跳ねないというわけではなく,プロパゲートのほうが少し多彩なアクションを出すことができそうだ.という感じです.ジグを跳ねさせたいのであればホライゾンSLのHもいいと思いますよ.

      なかなかロッド選びは人に言われてもピンとくることが無く,感じ方も人それぞれなところはあると思うので,ひたすら実物を触る他無いように思います.

      以上です.
      あまり参考にしないほうが良いかもしれません.

      削除
    2. 45さん、本当にありがとうございました。
      実際にものを触って決めたいと思いますが、非常に丁寧なアドバイスありがとうございました。参考になりました。
      これからも色々と勉強させてください。

      削除
    3. ガンジーさん
      いえ,私の意見・・・あまり参考にはならないと思います.
      とにかく,ガンジーさんが良き一本に出会われることを祈っています.本当に「コレだ!」と思えるロッドに出会うのはそうそうあることじゃないとおもいます.

      削除